このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

胎児って相続人になるの?

相続を考える時に最も大事な事の一つが、誰が民法の定める相続人であるかという点です。自分が相続できるのかというかという問題も関わってきますし、相続人の数で相続税の額も変わってきますからね。

そして、相続人に関してちょっと疑問なのが、胎児は相続人になるのかという点です。生まれていない子供は、法律上どういう扱いになっているのでしょうか。

民法では、相続人というのが定められています。これを、法定相続人なんて言ったりします。

相続人というのは、簡単に言うと、相続をする人の事ですね。亡くなった人の事は、被相続人と言います。

一般的な相続人の決まり方

相続人がどんなふうに決まるのか、簡単に見てみましょう。

妻、子供、両親がいるケース

例えば、Aさんには奥さん、娘一人、Aさんの両親がいたとしましょう。この場合、Aさんが亡くなると、相続人は奥さんと娘です。

なぜこの2人が相続人になるのでしょうか。まず、配偶者は常に相続人になります。そして、両親と娘を比べた時に、娘の方が優先的に相続人になる事が決まっているのです。

ですから、Aさんが亡くなったケースでは、両親は民法上の相続人にはなりません。

子供がいないケース

それでは、Aさんに娘がいなかった場合はどうなるでしょうか。奥さんと両親だけの場合です。

この場合は、奥さんと両親が相続人になります。子供がいない場合は、両親が相続人となるわけです。

ここまでの話を整理すると、次のような感じになります。

  • 被相続人の妻は常に相続人になる
  • 被相続人に子供がいる場合は、子供は常に相続人になる
  • 被相続人に子供がいない場合は、被相続人の親が相続人になる

子供が胎児の場合はどうなる?

となると、ちょっと微妙な場合が出てくると思いませんか。例えば、Aさんの奥さんのお腹の中に子供がいる場合です。この場合って、どうなるのでしょうか。

実は、このケースでは、胎児は相続人になります。民法の第886条にしっかり書かれているのです。

第886条 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
2 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

つまり、胎児が生きて生まれてきた場合は、相続人になるわけです。胎児がいるような夫が亡くなるというのは、そんなに頻繁にあるケースではないかもしれません。ただ、知っていて損はない知識でしょうね。そして、この決まりが無いと、もめることもありそうですね。

胎児は代襲相続もできる

実は、胎児に関しては、さらに面倒なケースもあり得ます。

例えば、60代の男性Bさんが被相続人でだとします。そして、Bさんにはその奥さん、既婚の息子、Bさんの母親がいるようなケースを考えてみましょう。

この場合、何もなければ、奥さんと息子が相続人になります。これは、上に書いた例の通りですね。

仮にBさんの息子が既に亡くなっている場合は、奥さんと母親が相続人になります。これも、上に書いた通りです。

ただ、実は、Bんの息子に子供がいる場合は、事情がちょっと複雑です。代襲相続と言って奥さんとBさんの孫が相続人になるのです。

つまり、相続の優先順位で考えると、両親よりも孫が優先されるわけです。

となると、やっぱり疑問に感じられるのが、Bさんの孫が胎児のケースです。胎児の場合は代襲相続ができるのかという話になってくるわけです。

実は、このケースでも、胎児は相続人として認められるようです。相続に関して言うと、胎児はかなり有利な立場にあると言えそうですね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。