このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ファイナンシャル・プランナー(FP)による家計の見直し相談に意味はあるのか?

ファイナンシャル・プランナーに家計の見直しや保険の相談をするのって、意味がある事なのでしょうか。

有料のサービスだと、それなりの料金を請求される事もあります。もちろん、それに見合うメリットがあれば問題は無いのですが、本当にメリットがあるかどうかはちょっと見えにくい部分です。

さて、ファイナンシャル・プランナーに対する有料の相談は、本当に価値があるのでしょうか。実際のところ、どうなのでしょう。

ファイナンシャルプランナーによる有料無料の相談情報が

インターネットで「家計 見直し」「保険 見直し」などのキーワードで検索すると、ファイナンシャルプランナーによるサービスがたくさん見つかります。 有料のものもあれば、無料のものもあるといった感じですね。

これらの見直しはどれほどの価値があるものなのでしょうか? つまり、お金や時間を使ってまでする必要があるものなのでしょうか? 無料のサービスに関しては、別のページで紹介することにして、このページでは有料サービスについて考えて見ましょう。

1時間に1万円の相談料を払うとして…

例えば、1時間に1万円の相談料を払って相談にのってもらったとします。 「高いなあ」と言う印象をもたれる方も多いかもしれません。

でも、ファイナンシャルプランナーが有能な人で、相談することにより2万円以上の経済的なメリットが得られたとします。 例えば、無駄な保険に入っていたとか、手数料の高いサービスを利用していたと言ったようなケースが見つかった場合ですね。

これだったら、相談する価値はありますよね。 差し引きで1万円得した事になります。 支払った1万円は高くもなんともないわけです。

次に1時間に5,000円で相談にのるファイナンシャルプランナーがいたとします。 さっきの人に比べると、半額です。 一見安そうな気もします。

しかし、この人が無能な人であなたに大きなメリットをもたらせなかったとしましょう。 これだと、ただ5,000円の損ですよね。 しかも、あなたは貴重な時間を無駄にすることになります。 ファイナンシャルプランナーの無能さに、嫌な気分になるかも知れません。

何が言いたいかというと、相談料自体が高い安いというのは、単純に決まらないということです。 どれだけの経済的なメリットをもたらせることができるかどうかが大事なのです。

メリットは直接的なものではない場合もある

メリットが経済定期に換算しにくい場合もあります。

例えば、生命保険について相談した場合では、現在のプランに問題が無いというケースもありえます。 このようなケースでは具体的にいくら得すると言うことはありません。

ただ、こういう相談が意味がないものかといえば、そんなことはありません。 相談料を払って、現在やっていることに問題がないと分かっただけで十分価値があるのではないでしょうか。

こういう場合は、安心をお金を出して買ったと思えば良いのではないでしょうか。

お金を払って健康診断を受けた結果、問題が無かったと分かったとします。 そんなとき、別に損をした気にはなりませんよね。 それと同じです。

また、投資の相談をFPにする場合もあるでしょう。 こんな場合も、プラン作成だけに終わり、何か経済的にプラスアルファのメリットがない場合もあります。 ただ、自分の投資方針を決定すると言う無形の資産を手にすることができます。 その意味では、別に無駄なお金ではありませんよね。

相談によって得られた安心感や解決された問題が相談料に見合っているかどうか 。 そういう基準で、ファイナンシャルプランナーに相談する価値を考えると良いのではないでしょうか。

まとめ

簡単にまとめておきましょう。 ファイナンシャルプランナーによる相談は、価値があるケースと価値がないケースがあります。 ファイナンシャルプランナーの能力による部分が大きいのです。

能力がある人なら、相談料以上の経済的なメリットをもたらすことができるでしょう。

問題は、能力のある人と無い人の見極めが難しいと言う点です。

また、ファイナンシャルプランナーに相談するメリットは、金額に換算しやすいものと換算しにくいものがある事も理解しておきましょう。

補足:FPの能力を証明する資格やトレーニング機関が無いんだろうな

一応プロを名乗っているファイナンシャル・プランナーなのに、人によって実力差があったら困りますよね。

これって、例えば医師では考えられないですよね。もちろん実力差はあるのでしょう。でも、最低レベルの水準は維持されているというふうに、私たちは期待しています。

ただ、この能力差の問題は、現状だとどうしようも無いように思います。

十分な資格試験が無い

まず、ファイナンシャル・プランナーの実力を測る試験がありません。FP技能検定は、最低限の知識を測るのには使えますが、プランニングの実務能力が測れるとは思えません。

日本FP協会のCFP ならある程度は分かるのかなあ。もしかしたら、FP技能検定だけよりはマシなのかも。

トレーニングのシステムが無い

そして、もう一つの問題は、医師のようなトレーニングするシステムが無いという問題もあります。

金融機関の勤務を経れば、特定の分野の金融の知識は身につくでしょう。でも、それは、全体を見てプランニングをする能力ではありません。

例えば保険会社出身の人なら、保険の知識は身につきます。でも、ある家族のプランニングをする力では無いのです。

自助努力ができるかどうかで大きな差が

十分な資格試験もなく、実務経験を積む機会も乏しいわけです。ですから、自助努力をしているかどうかで、ファイナンシャル・プランナーの能力にはかなりの差があると思って良いでしょう。

まあ、ですから、医師よりは経営コンサルタントのような仕事に近いのかもしれませんね。ある程度簡単に名乗ることは出来るのに、人によって能力が違うという意味で。

それゆえに、良い人を探すのは難しいわけです。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。