このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

コピーライティングは気をつけないと信頼感を無くしますよ

ネット広告の文章があまりに酷かったので、問題点を指摘したものです。個人のブログならともかく、広告で表現委問題があるのはマズいですからね。ちなみに、2009年3月19日に書いた文章のリライトです。

コピーライティングがちょっと問題な広告

2009年3月19日当時、mixi の「足あと」ページに行くと、「草花木果」という商品の広告が掲載されていました。この広告で使われているコピーがかなり気になります。

気になるというのは、残念ながら内容が素晴らしくて目を惹くという事ではありません。企業広告ならもう少し頑張れと思ってしまうのです。

以下、気になる記述と、そのツッコミを。

自社の広告なのに伝聞調ですか?

●「生産が追いつかないほどの売れ行きだとか!」

自社広告なのに、「〜だとか」と伝聞調で書くのは何でなのでしょうか。

生産と売れ行きの関係は100%つかんでいるはずです。口コミであるかのような効果を狙いたかったのかな?

あと、伝聞調にするなら、感嘆符はおかしい。広告なので、感嘆符を使いたい気持ちはわからないでもないです。でも、不自然になっては逆効果だと思います。

論理的に矛盾していませんか?

●「生産が追いつかないほど…」

生産が追いつかなかったら、広告はやめるものです。一ページに4つも5つも広告を出すなんて、絶対にしません。

こんな見え透いたウソをつくのは何でなのでしょうか?消費者は馬鹿だと思っているの?

やっぱり、消費者をなめているのかな?

●「毛穴が開いている人、限定!」

毛穴が開いていない人は、世の中に存在するのかしら?

日本語としてよく分かりません

●「生理前・ストレスでよくできる大人のニキビ肌に。つるつる感がアップして、ニキビをくり返さない!」

もはや、日本語として意味がわかりません。

化粧品は薬事法との絡みがあるから、効果をどのように伝えるかは難しい所なのでしょうけどね。もう少し工夫できるのではないかと思います。

大丈夫かしら?

最初、どこかの中小企業が出している広告だろうと思いました。そんなところいじめてもかわいそうだと思い、書かないことにしようと思ったんです。

でも、よくよく調べて見ると、資生堂の子会社でした。

資生堂は人材不足なのでしょうか?いくらなんでも、広告のクオリティが低すぎる気がします。

信頼感がある日本語を書くのは大事

とりあえず、今回紹介したようなコピーだと、信頼感は得られないですよね。でも、オーガニックっぽい商品って、信頼感こそ大事だと思うのです。

というのも、率直に言ってちょっと胡散臭い印象がありますから、信頼感を高めるようなイメージ戦略が必要になるはずなんですね。でも、そんな流れには逆行しているように思えてなりません。

ちなみに、この商品のウェブサイトがあるので、確認してみました。どうやら、大分改善されているようですね。さすがに反省したのでしょう。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。