このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

借金があったらお金を貯める前に返してしまおう

【返す?増やす?】お金を借りた時に悩む事の一つが、借金返済を優先して繰り上げ返済をするのか、資産運用をするのかという点でしょう。基本的には、借金はできるだけ早めに返しておくべきでしょう。

借金がある場合返済しよう

貯蓄をしようと思ったときに、まずしなければならないのは、今ある借金を返してしまうことです。

一般的に、銀行にお金を預けた場合と、銀行からお金を借りた場合にどちらの金利が高いかご存知ですよね。当然、お金を借りた場合の金利の方が高いです。

例えば、銀行にお金を借りたときの金利が3%、銀行にお金を預けたときの金利は1%1 と言うふうに差があるわけです。

もっとも、最近の住宅ローンなどではかなり競争が厳しく、預金の金利とローン金利の差がだいぶ小さくなっているようですけどね。ただ、当然ですが、ローン金利の方がまだ高いわけです。

私たちが借りる時の金利が高いのは当然

私たちの預金金利よりも、私たちが銀行からお金を借りた時の金利の方が高いのは当然です。なぜかというと、銀行は私たちの預金を貸しているわけですから。金利に差が無いと、銀行は儲けることができません。

しかも、銀行がお金を返せないというリスクはそれ程大きくはありませんが、私たちがお金を返せないというリスクは結構大きいですからね。個人の場合、大病を患ったり、会社をクビになったりしたら、すぐに返済に行き詰まります。銀行はそのリスクを負うわけですから、金利を高くせざるを得ないという事情もあります。個人にお金を貸すのは貸し倒れのリスクがあるので、金利が高いわけです。

担保がある住宅ローンと無担保のカードローンで金利が違うのも、貸し倒れのリスクという意味では同じ考え方ですね。担保があれば万が一返済できなくても、銀行の損失は小さくなります。ですから、低い金利で貸せるわけですね。

ですから、銀行の金利がひくくてローン金利が高いと文句を言っても仕方が無いわけです。日本国くらいの信用があったら、マイナス金利のような事まで可能になるわけですから。信用のない個人だから、仕方がない事なのです。

借金の返済と預金はどちらがどの程度得なのか?

以下、実例を挙げて計算してみますが、借金がある場合はその返済を済ましてしまうのが賢いやり方です。

上に挙げた金利の条件のときに、銀行から100万円借りているとしましょう。つまり、金利3%で100万円借りているとします。

このとき、毎年20万円お金を返すかお金を預金することができるとします。預金金利も上に挙げた年1%です。

どちらがどの位得なのかちょっと検討してみましょう。

返済しないで全額お金を貯めた場合

便宜的に、毎年一月一日にお金を返済するか預金するとします。返済をしないでお金を貯めた場合、、次のようになります(単位は十円単位まで)。

  • 一年後の借金 103万円 預金 20.2万円
  • 二年後の借金 106.09万円 預金 40.602万円
  • 三年後の借金 109.27万円 預金 61.208万円
  • 四年後の借金 112.55万円 預金 82.020万円
  • 五年後の借金 115.93万円 預金 103.04万円

五年経過時点での借金と預金を比較してみると、借金の方が12万円多いことがわかります。

全額返済に充てた場合

次に、毎年の20万円を借金返済に充てた場合はどうでしょうか(単位は十円単位まで)。

一年後の借金 82.4万円
二年後の借金 64.27万円
三年後の借金 45.600万円
四年後の借金 26.368万円
五年後の借金 6.5592万円

この場合、借金が6万5千円ちょっと残ると言う計算になりました。

かなり大きな差がつきます

と言うことは、借金がある場合は、貯蓄するよりも返済にまわす方が5万5千円くらいは得であるということです。このように、借金を返すという選択をするだけで、かなり有利な結果になるわけですね。

もっと金利差が大きい場合は早急に返済を

今回は借入れと預金の金利差が2%でしたが、実際にはもっと大きい場合もあります。同じ銀行からの借金でも、カードローンなどの金利はかなり高いですよね。

そんなときには、返済にまわす場合と預金する場合で大きな差が付くことになります。まあ、カードローンくらい分かりやすく高金利なら、返済も頑張るのかもしれませんが。

もしかしたら、同じカードでも、クレジットカードの方がたちが悪いかもしれません。銀行のクレジットカードの分割払いやリボ払いは、借金をして買っているのと同じ事ですからね。かなり高い金利がつきます。

このクレジットカードの分割やリボ払いに関しては、お金があるなら繰り上げ返済をした方が得です。ただ、できるカード会社もあれば、そうでないところもあるようです。

なかなか難しいですね。

全く現金や預金が無いのも困る

さて、可能な限り返済に回すのが合理的だとは言っても、すべての現金や預金を返済に充ててしまうわけにもいきません。預金が全く無いのも不安ですからね。

全額返済にまわすのではなく、多少銀行預金として残しておくという選択もありうるでしょう。でも、具体的にいくら残しておけばいいのでしょうか。

個人的には、3か月分くらいの生活費があれば、とりあえずは十分かなあと思っています。

詳しい事は書きませんが、3か月分の生活費があれば、急な病気でも対応できますし、突然失業しても対処が可能です。

金額でいうと100万円あったら、おつりがくるぐらいでしょうね。ですから、それを超える部分は、借金返済に充ててしまいましょう。

  1. 銀行預金で1%なんて、今のご時世ではありえないですけどね。そんな時代もありましたねえ。 []

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。