このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

今更だけど、NISAって使い勝手が悪くない?| 「つみたてNISA」を利用しましょう

NISA という制度は、比較的人気があるようです。サービス開始時には、金融機関がかなり必死で売り込みもしていましたね。

でも、個人的には、非常に使い勝手が悪い仕組みだと思っています。

もちろん、普通の口座よりは有利なのは間違いないのですけどね。でも、この仕組みを使おうと思うと、不便な点があるんですよね。

このページでは、そのあたりの点について、簡単に説明したいと思います。

NISA とは

まずは、NISA について簡単に説明しておきましょう。

NISA というのは、投資の配当金や売買した時の利益が非課税になる仕組みです。

例えばあなたは、A社の株を50万円で買ったとします。この株を保有していると、1年後に1万円の配当金が支払われました。そして、2年後に80万円で売ったとします。

この場合、配当金の1万円と、売却益の30万円(=売却価格80万円-購入額50万円)には所得税がかかります。しかし、NISA 用の口座を使っていると、この所得税がかからないわけです。

もちろん、何でも非課税になるわけではありません。購入から5年以内に売却しないと非課税にはなりませんし、毎年の投資額は120万円までです。

また、対象となる金融商品も、何でもいいわけではありません。上場株式や投資信託などに限られます。

長期投資をしようと思うと不便

このお得なNISA ですが、最初に書いたように、不便な部分があります。この仕組みで何が不便かというと、5年以内に売却しないと非課税にならないという点です。

一般に長期投資を考えている場合、10年とか20年といった期間にわたって金融商品を保有することを考えます。ですから、5年だと短すぎるのです。長期投資ができません。

5年を超えて金融商品を持ちたいと思ったら、いったいどうしたらいいのでしょうか。そのまま保有したら、普通に所得税を採られてしまいます。

一番有利なのは、一度売って買いなおすという方法です。NISA と言う仕組みが続いていれば、こういうことも不可能ではありません。金額の上限があるので、利益が出た分は普通の口座で買わないといけませんけどね。

例えば、120万円で買った投資信託が300万円になっていたとします。5年後にこれを売って買いなおすとしても、上限の120万円までしかNISA の口座では買えません。残りの180万円は普通の口座で買わないといけないわけです。

このように、NISA という仕組みには大きな問題点があります。これがあるので、利用に二の足を踏んでしまうこともあるわけです。面倒ですからね。

つみたてNISAは問題点を解消

さて、この問題を解消するサービスが、2018年からスタートします。「つみたてNISA」というサービスです。

「つみたてNISA」は、簡単に言うと、投資信託の積立に対応したNISA です。普通のNISA と同じように、売買益や配当金に税金がかかりません。

普通のNISA とちょっと違うのが、20年以内に売却すれば非課税になるのです。つまり、かなり長い期間運用できるのです。

非課税枠はちょっと小さくなるのですが、使い勝手としてはかなり向上するでしょう。

興味がある人は、チェックしてみてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。