このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

クレジットカードの明細は毎月チェックしましょうね

クレジットカードには不正利用されるリスクがあります。実際、私の身近でも、不正利用された人がいました。ネットで利用した時に、情報を抜かれたようですね。

クレジットカードが不正利用されたような場合は、泣き寝入りするしかないのでしょうか。それとも、何か対処する方法があるのでしょうか。ちょっと調べてみました。

基本的には不正利用分もカードの所有者が負担する

クレジットカードが不正に利用されたような場合、基本的にはカードを持っている人が支払いをしないといけないようです。例えば、楽天カードの会員規約には次のような記述があります。

会員がカードの紛失、盗難等で他人にカードを使用された場合、そのカード使用に起因して生じる一切の支払債務については本規約を適用し、すべて会員が責を負うものとします。

他のカード会社の規約にも、大体同じような記述がありました。

それにしても、これって、カードの利用者にはかなり厳しい規定ですよね。クレジットカードの情報を盗むのは簡単だと言いますから、カードの実物を盗まれなくても買い物をするだけで被害にあう可能性も小さくはありません。

特に、ネットでカードを使うのはかなり大きなリスクを伴いそうです。ウィルスの存在も怖いですし、カードの情報も相手方に渡すことになりますからね。

率直に言って、一定の確率で被害にあって当然と言う感じすらします。

明細をチェックしておけば損失を免れることが出来る

ただ、早期に気づいて対処した場合は、被害を免れる事が出来そうです。楽天カードの規約には、次のような但し書きも載っていました。

但し、会員が紛失、盗難等の事実を速やかに当社に直接電話等により連絡の上、最寄りの警察署に届け、かつ所定の届出書を当社に提出し当社が認めた場合、当社がその連絡を受理した日の60日前以降発生したカード使用による支払債務については、当社は会員に対し、その支払を免除します。

これに関しても、他のカード会社でも大体同様のようです。

ということで、不正使用から60日以内に連絡すれば、不正使用分の支払いは免れることが出来るというわけです。
その意味では、不正使用をされても、一応の対応手段はあるわけですね。

不正使用が明らかになったら、カード会社に連絡して、カードの番号を変えてしまえば問題は解決です。早期に対応できれば、大きな問題にはなりません。

現実問題としてはちょっと厳しいか

でも、現実問題として考えてみると、ちょっと厳しいルールという気がしないではありません。

例えば、カードの盗難や紛失なら、無くなったことはすぐわかりますよね。それなら、60日も余裕があれば対処は簡単です。

しかしながら、不正使用された場合は情報を抜かれたという事実に気づいていないはずです。ということは、カードの利用明細が来て初めて不正使用を知ることになるわけです。

不正使用からカードの明細が届くまでにはタイムラグがあります。タイミングによっては、不正使用から1か月以上先になって明細として送られてくるという事もあるでしょう。となると、60日というのは、意外と余裕が無い感じがしますね。毎月カードの明細をチェックしていないと、見逃してしまう可能性が大きそうです。

ただ、必ずしも全員が全員、クレジットカードの明細をチェックしている問うわけでは無いでしょう。実際、不正使用された私の知人も、過去1年間にわたってチェックしていなかったようです。確定申告のために調べてみて、初めて不正使用に気づいたようです。

仮にチェックを怠って不正使用に気づかないと、数十万円とか数百万円単位で損をする可能性がありそうですね。

自分の財産を守るために明細は毎月チェックしましょう

こんな事が起こりえますから、自分の身を護るためにも、クレジットカードの明細は毎月チェックしましょう。自分の身を守るには、それしかありません。

もちろん、カードを持たないという事が可能なら、それでもいいのかもしれませんけど。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。