このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

AKB48のファンは約10万人、グループ全体だと30万人と予想

2016年の紅白歌合戦の企画で、AKB48 のメンバーで誰を出演させるのか選ぶという企画がありました。この企画があったおかげで、AKB48 のファンの数をおおよそつかむことが出来ました。

結論から書いてしまうと、AKB48 のファンはおよそ10万人程度、姉妹グループも含めた全体で30万人程度と理解しておけば良さそうです。

ちなみに、ちょっと甘めに見積もった数字です。お金を出すファンの数は、さらに少ないと考えるべきでしょう。

グループのファンの数は30万人程度かな?

NHK のサイトによると、2016年の紅白歌合戦のAKB紅白選抜の投票総数は46万856票だったそうです。普段のCDセールスに比べて票数が少なかったのは、1端末につき1票という縛りがあったからです。しかも、PCからの投票はできなかったので、2票以上入れられたファンはそれ程多くなかったと考えて良いでしょう。

もっとも、熱心なファンなら、2票以上入れている可能性が大きいですけどね。例えば、家族に頼んで投票してもらうとか、PCにエミュレータを入れてアンドロイドの環境を作り、そこから投票する程度の事はやっていそうです。

また、今回の投票は、AKB48 のファンでない人の投票もあったのかもしれません。記事などでも取り上げられていましたし、何せ無料で投票できますからね。とは言え、こういった人たちはそれ程多くないはずです。というのも、AKB48 のメンバーの名前なんて、ファン以外は知らないからです。

複数票を入れる人の存在や、ファン以外の人も投票することを考慮すると、ファンの数は20万人から30万人程度と予想するのが妥当ではないかと思います。

ちなみに今回の投票は、AKB48 だけでなくSKE48 などのグループのメンバーも対象になっています。ですから、姉妹グループも含めたAKB48 のファンの数は、多めに見積もって30万人程度と想定しておきましょう。

AKB48 に限定すると10万人程度

ちなみに、今回の選挙では、AKB48 のメンバーの当選は17人だったそうです。48人中の17人ですので、約3分の1といったところでしょうか。

当選者数とグループごとの得票数が比例すると想定すると、AKB48 に限ったファンの数は10万人程度と想定していいでしょう。シングルCDの売上枚数の1割程度という事です。

かなり雑な見積もりですが、おおよその数字はつかむことが出来ていると思います。

お金を落とすファンはさらに少ないか

もっとも、この30万人とか10万人という人たちが、すべてお金を落としてくれる人たちとは限りません。今回の選挙は無料でしたから、普段はCDを買っていないファンも投票していることでしょう。

そう考えると、AKB48 のファン数は、もうちょっと少なめに見積もった方が良いのかもしれませんね。まあ、正確な数は知りようが無いですけどね。

アイドルオタクってお金かかるのね

それにしても、この程度のファン数で毎回ミリオンを売るのですから、ある意味たいしたものですよね。そして、アイドルオタクって、お金がかかることが分かります。

そうはいっても、平均的なオタクはそんなにたいしたこと無いのかな。CD10枚買っても1万円で、ライブのチケットもそこまで高くないでしょうし。キャバクラ通いをするのに比べたら、安いものかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。