このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

単純に家計の負担増か?| 今まで夫の扶養に入っていた妻が厚生年金や健康保険に入ることに

2016年10月から社会保険の加入者が拡大されました。今まで保険料を納めていなかった人でも、今後は納めるケースがあるわけです。これは一見、負担の増加にも見えます。でも実際のところは、単純な負担の増加と言って良いのでしょうか?

前のページに書いたように、2016年10月から社会保険料を払う人が増えることになりました。これまでは社会保険料の負担が必要が無かった、夫の扶養に入っている主婦の一部に、社会保険料の支払が必要になったのです。

今まで必要なかった社会保険料の負担が発生するわけですから、当然ですが、家計に対しては負担増ですよね。でも、長期的にみると、必ずしもそういえないのかもしれません。

ちょっと考えてみましょう。

厚生年金に関しては必ずしもマイナスではない

今回負担増になるのは、厚生年金の保険料と健康保険の保険料です。まずは厚生年金の保険料からみてみましょう。

厚生年金の保険料が増えると、トータルで家計にはマイナスなのでしょうか。

これに関しては、必ずしもそういう事はできません。プラスになるケースも、少なからず存在するからです。

だって、当然ですよね。厚生年金の保険料を払うという事は、引退後に老齢厚生年金がもらえるという事です。年金は死ぬまでもらえますから、長生きできれば収支では黒字になるはずです。

しかも厚生年金の場合、保険料の半分は会社の負担です。それが給付にまわるわけですから、従業員が払う以上にもらえる可能性は、必ずしも小さくはないのです。

まあ、少子高齢化の影響で、若い世代には徐々に不利になっていきますけどね。それでも一方的に損とは言い切れないのは変わりません。

厚生労働省のサイトでは、これ以外にも、次のようなメリットが挙げられています。

障害がある状態になり、日常生活を送ることが困難になった場合なども、より多くの年金がもらえます1

このように、障害年金の給付も増えることになります。

また、給付される範囲も広がります。厚生根金に入っていない場合には障害と認められない軽度の障害でも、給付されるケースがあるのです。

健康保険に関しては損の可能性が大きい

ただ、健康保険に関しては、メリットは大きいとは言えません。

厚生労働省のサイトには、「医療保険(健康保険)の給付も充実します」というメリットが挙げられています。

確かに自分が健康保険に入ると、ケガなどで仕事ができないときに「傷病手当」が受給できるなどのメリットはあるわけです。これは夫の扶養になっていた場合にはないメリットです。

でも、そのメリットと比べると、保険料負担の方が明らかに大きいように思われます。というのも、健康保険の多くの給付は、夫の扶養でも受けられたからです。

やっぱり、「傷病手当」くらいだと、ちょっとメリットとしては小さいですね。もともと所得が大きい人なら、傷病手当はメリットが大きいのですけどね。

トータルではちょっとマイナスくらいかなあ

以上のように考えると、今回の変更はトータルでは若干私たちにマイナスな感じがします。厚生年金がちょうどトントンくらいで、健康保険はマイナスというのが率直な印象ですね。

まあ、支払われる給与が大きくない場合、月額の健康保険の自己負担はそれほど大きくありません。月収8万8000円前後の人の場合、大体5,000円程度が自己負担分になるでしょうか。

人によって金額が違うので、断定的な事は言えませんけどね。例えば、介護保険まで対象になるかどうかなどで、若干金額の前後はあります。あとは、企業によっては、従業員の負担割合が少ないところなどもありますね。

何にしても、その程度の負担増です。

率直に言って、この制度の導入が厳しいのは、むしろ雇っている側でしょうね。

厚生年金にしても、健康保険にしても、事業主の負担分があります。その部分は、純粋に、人件費の増加ですから。


  1. 平成28年10月から厚生年金保険・健康保険の加入対象が広がります!(社会保険の適用拡大) []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。