このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株価維持のために売買を禁止する中国の株式市場が健全?| 専門家が書いたとは思えないなあ

中国株に関する興味深い記事を見つけました。

と言っても、深い洞察や新しい発見があって興味深いわけではありません。かなり突飛なことを言っていて興味深いという意味です。

具体的には、次の記事ですね。

中国株式市場 長期投資対象として妙味も
マネーポストWEB 2016年8月12日

注目すべきはこの記事の最後の段落です。

中国市場の現状は一見、魅力のないものに見えるが、国際的な市場動向との比較では、もっとも健全な市場といえるかもしれない。国際分散投資、長期投資といった観点からすれば、本土A株市場はバブルが解消され、その発生が十分抑えられている点で魅力的な市場といえるだろう。

中国市場は他の株式市場と比べて健全なんですって。

株価維持のために売買を禁止する市場なんですけど

私には「そんな馬鹿な」という感覚しかありません。だって中国って、株価を維持するために売買を禁止したり、年金基金に株をかわせたりするような国ですからね。

そんな国の株式市場が健全って、どういう判断でそうなるのやら。

中国市場をほめるために日本の株式市場を批判

ちなみにこの方は、中国の株式市場をほめるために日本やアメリカの株式市場を批判しています。日本に関しては、次のような感じです。

日本銀行はマイナス金利の導入からETF(上場投資信託)購入まで行っている。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式積極運用を含め、日本市場は、資金流入によって相場が支えられている。

日銀のETF 購入やGPIF の株式購入が、相場を支えるためだとは思えません。言いがかりに近いレベルです。

仮に相場を支えるために日銀やGPIF を使っているとしても、中国がやっていることと比べればはるかにマシでしょう。売買の禁止なんていう、絶対にやってはいけない事はしていませんからね。

専門家の意見でも鵜呑みにしては危険だね

ちなみにこの記事を書いたのは、田代尚機という方です。この方は、「大和総研で北京駐在アナリスト」だったそうですね。その後、「内藤証券中国部長」をしていた事もあったのだそうです。

肩書だけ見ると立派な専門家ですけどね。だからと言って、うのみにする事ができないケースもあるわけです。何らかの利害関係があって、こういう発言をしているのかなあ。

なんにしても、こういう記事やらアドバイスやらには注意しましょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。