このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

日本では消えかけている辛ラーメン、韓国でもシェアを落としている

韓国の辛ラーメンが累計で10兆ウォン売れたのだそうです。ん?そのわりには、日本国内ではすっかり見なくなりましたね。たくさん種類が置かれている場合に、1種類置かれているかどうか位に感じます。よくよく調べてみると、売上自体は落ちているようですね。ちょっと納得です。

韓国の辛ラーメンが売上高10兆ウォン突破

韓国の辛ラーメンの売り上げが、累計で10兆ウォンを超えたのだそうです。日本円にすると、約1兆円というところでしょうか。1

とは言え、日本ではこのラーメン、あまり見かけませんよね。以前はかなりたくさん売られていた印象ですが。

一過性のブームはあったが

いわゆる韓流ブームの時には、スーパーのインスタントラーメンの棚のかなりの部分をこの商品が占めていました。しかし最近では、置いていないところも多いようです。

個人的には、一度だけカップラーメンを食べてみたことがあります。率直に言って私の口にはあわなかったので、「何でこんなに売れているのだろう?」と不思議に思ったものでした。

無くなってみて、やっぱり無くなったなという印象です。少なくとも日本人には、日本メーカーのラーメンの方がおいしいですよね。韓国人にはどうなのかは分かりませんが。

最近の日本国内での状況から判断すると、味が好きで食べていたのではなく、韓流ブームだから食べていたのでしょうね。

ちなみに、統計的に見ても、韓国のインスタントラーメンの輸出は減少傾向にあるのだそうです。日本への輸出が毎年減っているのが厳しいようですね。2

韓国国内でも減速か?

累計10兆ウォンを超えた辛ラーメンですが、実は韓国でもあまり良い状況ではないようです。ライバル商品にシェアを奪われているようなのです。

レコードチャイナが次のように伝えています。

辛ラーメンが数年間守り続けた売り上げ1位を奪ったのは、昨年10月、「オトゥギ」から発売された「真(チン)チャンポン」。ある大手スーパーによると、昨年12月の国内全店でのシェアは、真チャンポンが17.9%で首位、辛ラーメンが10.3%で2位だった。また今月21日まででは、真チャンポン(15.3%)に次いで農心の「味(マッ)チャンポン」(11.8%)が入り、辛ラーメンは10.2%で3位に落ちている。3

2016年1月の記事ですから、まさに現在、苦戦を強いられているということですよね。ちょっと興味深い現象です。

もっとも個人的には、今までシェア1位だったのが不思議ですけどね。そこまで美味いものでもないという認識でしたから。

ところで、輸出がダメで国内もダメだと、相当厳しい状況ということですよね。10兆ウォン突破という華やかなニュースの裏で、会社はあまり良い状況ではなさそうですね。


  1. 韓国辛ラーメン、累積売上10兆ウォン突破…「海外売上比率を増やす」
    中央日報日本語版 2016年2月16日 []
  2. 韓国即席麺の輸出額 昨年減少に転じる=日本向け不振
    朝鮮日報 2015年4月17日 []
  3. 韓国の“国民食”辛ラーメンに屈辱!人気1位を奪った麺とは?=韓国ネット「人生最高の麺を見つけた」「辛ラーメンは昔と味が変わった気がする」
    2016年1月23日 12時10分 Record China []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。