このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

日本国債がデフォルトする確率が小さい理由| 財務省が教えてくれました

財務省がニュースソースと思われる記事で、日本の国の借金は大変な事になっているという趣旨のものを見かけます。国と地方を合わせて、1,000兆円も借金があるなどと脅す記事ですね。

そして、その後に、「日本はギリシャになる」と続くのがお決まりです。あるいは「国民一人当たり○○万円」というフレーズが来る場合もあります。

しかしその一方で、実は日本の財政赤字はたいした問題ではないという主張を、かつて財務省自身がしています。

どんな状況で反論しているのかと言うと、外国の格付け会社の日本国債の格付けに対して文章にしています。財務省のサイトの中に、「外国格付け会社宛意見書要旨」という形で文章も残っています。

つまり財務省は、一方では国の借金が大変だと言い、他方では国の借金はたいした問題ではないと言っているのです。少なくとも、返せなくなる確率は小さいと言っています。

つまり、国の借金に関してダブルスタンダードだと言うことです。

日本国債が安全だと言う財務省の解説

日本国債はなぜ安全だと考えられるのでしょうか。財務省の主張を簡単に見てみましょう。

財務省は、以下の3つの理由で、日本国債は安全だと考えているようです。

  1. 先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない
  2. 格付けは総合的に判断されるべき
    例えば、
    ・マクロ的に見れば、日本は世界最大の貯蓄超過国
    ・国債はほとんど国内で極めて低金利で安定的に消化されている
    ・日本は世界最大の経常黒字国、債権国であり、外貨準備も世界最高
  3. 各国間の格付けの整合性に疑問

財務省が書いた部分を一部(というか、だいぶ)省略しているので、元々の主張は財務省のサイトでご確認ください。

簡単に補足しましょう

財務省の主張の中身を簡単に補足しましょう。

1つ目の主張は、自国建て通貨の国債ではデフォルトしようがないということを言っています。考えてみれば当然で、自国建て通貨なら政府の意思でお札を刷って返すことができるわけです。

つまり、円建ての国債である以上、デフォルトしようがないということですね。デフォルトする方法があったら教えてくれと言う、かなり強い主張です。

2つ目は、格付け会社の評価が正しくないという主張です。格付け会社は政府の財政状態だけで評価していますが、そうではなく、日本経済是引退を見て評価すべきだと主張しています。

例えば、日本国債は国内で安定的に消化されています。ですから、外国人が売り浴びせて国債が暴落をするというようなリスクは、きわめて小さいと考えられるわけです。

3つ目の「各国間の格付けの整合性に疑問」と言うのは、簡単に言うと、日本よりも明らかに酷い状況なのに日本よりも格付けがいい国があると言っています。

「お前ら公正に格付けを決めているのか?」と、逆に質しているわけですね。

財務省の国内向けの説明は何なのでしょうか?

対外的には、ここまで書いたような主張をしている財務省ですが、国内向けとなると全然主張が変わってしまいます。これは何故なのでしょうか。

確かに、「外国格付け会社宛意見書要旨」という文章の中で、次のようにも言っています。

以上の疑問の提示は、日本政府が改革について真剣ではないということでは全くない。政府は実際、財政構造改革をはじめとする各般の構造改革を真摯に遂行している。

国内向けにはこの部分を特に重視しているのでしょうか?増税ばかり言う理由はそこなのでしょうか?

とは言え、景気を犠牲にして増税を急ぐと言うのは、かなり本末転倒ですよね。

増税が必要ならしないといけません。ただ、不景気の時期にする必要は無いはずです。少なくとも、財務省の対外的な主張を見る限り、そこまであわてて増税する必要はなさそうですし。

増税が必要だと言われても、ちょっと説得力が無いですよね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。