このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

中国のGDPが信頼できない理由| どう考えたっておかしいよね

毎日新聞によると、2015年の中国の経済成長率は、6.9%だったのだそうです。ちなみにこの数字は、25年ぶりの低水準なのだとか。1

一応確認しておくと、経済成長率というのは実質GDP の伸び率のことを指します。つまり、2015年は中国の実質GDP が1年で6.9%増えたということですね。

中国のGDP が疑わしい理由

ところで、中国のGDP や経済成長率というと、経済の専門家などから疑いの目が向けられています。どう考えても経済成長が6.9%もあるはずが無いという意見が多いのです。

そして、中国のGDP が疑わしいことが素人でも分かる決定的な証拠が存在します。このページでは、この誰もがわかる証拠についてご紹介したいと思います。

中国のGDP がおかしいと考える明確な理由は、GDP の発表のタイミングが早すぎるからです。例えば2015年のGDP の場合、2016年1月19日に発表されています。つまり、半月ほどで数字が発表できたわけです。

しかもこのGDP はいきなり確定値が発表されます。わずか半月で、確定したGDP の値が分かってしまうというわけですね。

常識的に考えると、こんなことはありえません。ですから、中国のGDP は全く信じられない数字だと考えられるのです。

日本の場合はどうなっているのでしょうか

中国と比較するために、日本のGDP 発表のスケジュールを見てみましょう。

内閣府のサイトによると、2015年の10~12月期のGDPの1次速報は、2月の15日に発表されるという予定になっています。つまり、最初の速報値が出るまでに2ヶ月半もかかるというわけです。

そして、2次速報が出るのが3月8日です。こちらは、数字をまとめるのに3ヶ月以上もかかるということです。

しかもこのどちらも速報値ですから、中国のような確定値ではありません。つまり中国が半月でやってしまうことを、日本は3ヶ月以上かけてもできないということになるわけですね。

日本人は能力が低いのか?

中国政府がわずか半月でできることに3ヶ月以上をかける日本というのは、とんでもなく行政の効率が悪いのでしょうか。だとしたらけしからん話ですよね。

もちろん、日本の行政に問題があるわけではありません。どう考えても日本の役人は、中国人よりは真面目に働いているでしょうしね。

日本の役人が悪いのではなく、中国のGDP の発表が早すぎるのです。本来必要なはずの期間を取らずに発表してるわけですね。

こんなに短期間で発表する中国の方が異常なわけです。

信頼できないたくさんの理由がある

この他にも、中国のGDP が信頼できない理由はたくさん存在します。ですから今後は、いちいち反応する必要もなさそうです。

大変なのがマスコミの皆さんで、一応中国が発表するGDP が正しいと言う前提で議論をしないといけないようです。マスコミだって嘘だと言うことは分かっているはずなんですけどね。どうもそう言ってはいけない不文律があるようです。

国民の知る権利よりも中国様のプライドの方が大事なのかな?


  1. <中国成長率>減速6.9%…25年ぶり低水準 15年
    毎日新聞 2016年1月19日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。