このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

軽減税率で軽減されるのは、せいぜい1世帯あたり2万円程度| どこが軽減だよ!

新聞やテレビのニュース番組をにぎわしていた軽減税率の問題も、与党内での合意は得られたようです。現在の議席数を考えると、予定通りに消費税が10%になれば、現在の形で軽減税率が入ることになりそうです。

今回の軽減税率の議論は、政治のニュースとしては非常に興味深いものでした。「政府+公明党」vs「自民党+財務省」というちょっと変わった構図だったのです。

結果的には、「政府+公明党」が圧勝だったという評価をしている専門家が多いようですね。この結果を見て、財務省は相当力を失っていると評している人もいます。

税負担は結局増える

それでは、私たちにとっての損得という視点で見た場合、今回の軽減税率はどのような意味があるのでしょうか。庶民の暮らしにとってはプラスなのでしょうか。

今回の軽減税率は、比較的経済的に貧しい層の暮らしを守るというのが大義名分です。しかし実際には、軽減税率を入れたところで、収入が少ない人たちの暮らしを守ることはできません。

その理由は簡単で、軽減税率を入れたところで、食費の負担が得るわけではないからです。食費以外の部分に関しては8%から10%に上がるので、当然負担が増えます。

ということは、結果的に、消費増税の影響を免れることはできないのです。軽減税率を入れないよりは若干マシという程度です。

そもそも今回の軽減税率でおかしいのが、食品の税率を8%に据え置くという部分です。つまり現状から見ると、別に税金が減るわけではないのです。これを軽減といわれても、違和感しか感じません。

全然軽減じゃありませんよね。

どのくらいの減税になるのか

それでは、軽減税率を入れない場合よりも、私たちにとってはどの程度お得なのでしょうか。ざっくりと考えてみましょう。

仮に1世帯あたりの食費を月10万円とします。実際の食費の平均よりは、やや高めかもしれません。

これに8%の消費税がかかると、消費税は月8,000円ということになります。逆に、もし軽減税率が無ければ、食費にかかる消費税は月1万円取られることになります。

ということは、1万円の2%で月々2,000円浮く計算になるわけです。年間だと2万4000円軽減されることになります。

どのくらいの減税になるのか②

どのくらいの軽減になるかを、もう一つ違った視点で見てみましょう。

まず、今回の与党案で軽減税率が決まった場合、1兆円の財源が必要になるのだそうです。実際には、食費以外の消費税率を10%に上げるのに別に財源が必要というのはおかしな話ですが、新聞ではそういう議論がされています。

さて、日本には約5,000万世帯があるそうです。ということは、1兆円を5,000万で割ると、1世帯あたりの軽減額が年間2万円と分かります。

上の計算で出した結果とも近い数字が出ましたから、大体この程度の減税のメリットがあると考えて良さそうですね。

所得が低い世帯の負担軽減につながるのか?

上で見たように、軽減税率を入れた場合の減税は、1世帯あたり年間で2万円程度と考えて良さそうです。問題なのは、この程度の減税で、所得が低い世帯の負担軽減につながるのかという点ですね。

しかも、軽減税率というのは、使った食費が大きい方がメリットが大きいわけですよね。使った食費の2%分得をする仕組ですから。

そして、常識的に考えると、食費が大きいのは所得が大きい世帯でしょう。貧しい世帯よりも金持ちの方が、いいものを食べていますからね。月々の食費は大きいはずです。

一般に、月々の食費というのは、所得が大きい世帯でもそれほど大きくはならないと言われています。それでも、低所得者よりは高所得者の方が使う食費は大きいと考えるべきですよね。

そうであれば低所得の家庭に配慮して軽減税率を入れるといいつつも、結局は金持ち優遇となるのです。かなり本末転倒している仕組といって良いでしょう。

実際の減税額で考えると、低所得者の1世帯あたりの減税効果はせいぜい1万円台でしょう。もしかしたら、1万円を切るかもしれません。

しかも、上にも書いたように、減税といいながらただの据え置きで、食品以外の部分は増税されるのです。

本当に低所得者対策をしたいのであれば、還付金のような形を使うのがいいはずですよね。一定の所得で線を引き、それよりも所得が小さい人は1年で5万円還付するなどと決める方が、低所得対策にはなるはずです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。