このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

中国の理財商品って何だ?何が問題なの?

中国経済の問題点を理解する上で重要なのが、理財商品に関する問題です。

理財商品というのは大雑把に言うと、債券のような商品です。金利の高さから中国では人気がある金融商品のようです。

ただ、この理財商品はデフォルトのリスクが高い商品だとも考えられています。つまり、最終的に元本が戻ってこない可能性があるのです。

理財商品がどんなもので、何がどの程度危ないのか確認してみましょう。

シャドーバンキングが債権をまとめて商品化したのが理財商品

中国のシャドーバンキングは企業や地方自治体にお金を貸しています。シャドーバンクの貸出債権を小口化して個人に売っているのが理財商品です。

貸出債権を売ってしまったということは、結局は、個人が企業や地方自治体にお金を貸している格好になるわけです。逆に理財商品として売ってしまうことで、シャドーバンキングはリスクを回避することができるわけです。

ところで、シャドーバンキングというのは、日本で言うとノンバンクのようなものです。銀行で借りられない顧客を相手に商売をしていると言って良さそうです。つまり、リスクが高い顧客を相手にしているわけです。

ただ、リスクが高い分、貸付金利も高めに設定されています。ですから理財商品の金利も高く、個人に人気があるということです。

また、理財商品として売ってしまうことで、シャドーバンキングは貸付先の企業や自治体が返済できなくなるリスクを回避できます。人に売ってしまったので、倒産しようと自分たちには関係ないということですね。

ということは、企業や自治体の破綻のリスクは個人投資家が負うことになります。しかも、財務内容に問題があるような企業や自治体の借金です。

これが問題視されているわけです。

数百兆円規模の残高

ところで、この理財商品の残高は公式に発表されているだけでも約320兆円もあるそうです。1 中国のこの手の発表は信用ができませんから、実際にはさらに大きい額になりそうですね。

320兆円という金額だけを言われても、いまひとつ分かりづらいという人もいるでしょう。それでは、日本のGDPが約500兆円というとイメージがわきやすいでしょうか。

320兆円という残高が過小見積もりであるとすると、中国の理財商品の残高は日本のGDP に匹敵する額である事になります。フローとストックの額を単純に比較はできませんが、かなりの規模であることは間違いがありません。

繰り返しますが、理財商品は信用が低い企業などに対する貸し出しです。それがこの規模あるわけですね。

かなりの額が焦げ付く可能性がある

理財商品は、元々銀行で借りられないような企業や自治体への貸付がスタートになっています。ということは、この貸付が焦げ付く可能性は小さくないと考えて良いでしょう。

実際、企業や自治体は、返済が厳しいとなるとさらに金利が高いところで借り換えるというようなことをしているそうです。ということは、借り換え先から、さらに金利が高い理財商品が販売されるということですね。

ただ、永久に借り換えができるわけも無く、いつかは行き詰まることになるでしょう。そうなったときは、ちょっと大変なことがおきそうですね。

最悪の場合、中国国内で大規模な暴動が起こる可能性もあります。何にしても中国にとっての大きな火種であることは間違いありません。

  1. 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
    平成26(2014)年3月20日(木曜日)弐
    通巻第4191号 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。