このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

天津の大爆発に関して整理してみました

中国の天津であった爆発事故について、新聞記事などを参考に一旦整理してみようと思います。断片的な情報がいくつも出てきて、よく分からないことになっていますからね。

爆発の規模は?

まずは、爆発の規模から。TNT火薬に換算すると、20トン以上と試算しているメディアもあります。

倉庫での爆発などは12日に発生、TNT火薬相当で20トン以上の規模とされる。爆発した倉庫付近で火災、車が炎上か 天津市
CNN.co.jp 2015年8月15日

でも一般の人には、TNT火薬20トンと言われても、まったくイメージできませんよね。そこで、分かり易い比較対象を探してみました。

まず、広島に落とされた原爆ですが、TNT火薬でいうと15キロトン程度なのだそうです。1万5000トンですから、さすがに今回の爆発とは比較になりません。750分の1程度ということですね。

これだとピンと来ないですね。もう少し規模が小さいものと比較してみましょう。

ネット情報を信頼するのなら、アメリカの巡航ミサイル46発分などという言い方をしている人もいます。中国のニュースから拾ってきたようですね。

さらに言うと、ウィキペディア情報ですが、東京を空襲したB29 の最大爆弾搭載量が5トン程度だと言います。と言うことは、同じ火力の空襲を行おうと思ったら、B29 が4機以上必要だという事ですね。

TNT火薬で20トンと言う報道を信じるとすれば、通常兵器なら結構な攻撃を受けたのと同程度の爆発があったということです。でも、核兵器ほどでは無いと。大体そんな感じのようです。

犠牲者の数は?

さて、次に犠牲者の数がどの程度に上ったのかみてみましょう。

天津の化学品貯蔵所で12日に起きた爆発では、死者が114人に上り、70人の行方が分からないままとなっている。1

行方不明者の多くは、残念ながら亡くなっている可能性が高いでしょう。ということは、180程度の死者が最終的に出ることになりそうです。

ちなみに広島の原爆の死者は、原爆投下の年の年末までに約14万人いたのだそうです。14万を180で割ると、死者の数が約778倍であることが分かります。爆発の規模の倍率と近い数字が出てきました。

偶然でしょうが、興味深い一致です。

でも、率直に言って、ちょっと死者の数が少ないような気がします。しかも、半数以上が消防関係者だというのも不自然です。この点に関しては、後ほど考えてみましょう。

港の復旧はいつ

産業への影響という意味では、港の復旧がいつになるのかというのが、一番重要な点でしょう。ただ、これに間しては「港の復旧も見通せず2 」なのだそうです。

危険物質が爆発で飛散したので、危なくて対処できないようですね。使えるようになるのは、かなり先の話になるのかも。あの国の事ですから、短期間で無理やり開いてしまう可能性もありますけどね。

魚が大量死

今回の爆発で、有害物質が検出されているそうです。シアン化ナトリウムと神経ガスが検出されたそうですね。ちなみに、神経ガスを一定濃度で吸い込むと、死に至る場合もあるそうです。3

さて、この化学物質と関係があるのかどうかはわかりませんが、天津で魚が大量死するという事があったのだそうです。事故現場から6キロ離れた場所で見つかったようですね。

ちなみに天津政府は、シアン化合物は検出されなかったとしています。ではどうしてこんなことが起きたのかというと、海河の汚染で酸欠の魚が死亡したのだとか。過去にもあった事例だと言います。

率直に言って、素内に「はい、そうですか」とはなりませんよね。限りなく疑わしい発表です。でも、仮に発表の通りだとしても、相当に酷い事態ですよね。しかもそれが、何度も起こっているわけです。もう、滅茶苦茶ですね。

サイトの閉鎖

今回の件で、いくつかのサイトが閉鎖に追い込まれているようです。天津の爆発に関してデマを流したと言うのがその理由のようです。

閉鎖されたサイトは50にもおよび、そのうちの18サイトは永久に閉鎖させられるのだとか。4

どの程度の規模のサイトが閉鎖に追い込まれたのかはわかりません。でも、誰が見ても情報統制以外のなにものでもないですよね。

こんなことをすると、政府が虚偽の情報をだしていると言っているようなものに思えます。どんな控えめに見ても、相当あせっているのはよく分かりますね。

幹部が失脚か?

今回の件で、楊棟梁という人が逮捕されているそうです。この人は11年間も天津氏の副市長を勤めた人です。また、現在の肩書きは国家安全生産監督管理総局長なのだそうです。5

過去の肩書きも現在の肩書きも、スケープゴートにするにはぴったりの人材です。ただ、それにしても、逮捕するまで早すぎませんかねえ。誰がどう見ても、スケープゴートにしか見えませんからね。逆効果じゃないかと思うのですけど。

詐欺事件も発生

さて、この爆発に関して、詐欺事件も起こっているそうです。肉親が爆発の犠牲にあったとして、3,700人から現金を集めたのだとか。6

ちなみに、この記事が最初に出たのが8月14日なのだとか。事故の発生が12日だから、事故発生直後に事件を行ったということですね。

変な言い方ですが、見事な行動力です。日本でも東日本大震災で義援金詐欺がありましたが、発生直後にはさすがにありませんでした。

中国らしいと言えば中国らしい事件だと思います。

死者が予想外に少ないのはなぜ?

中国と言えば世界最大の人口を誇る国ですから、大都市には大勢の人がいるはずです。それにしては、今回の死傷者の数が少ないという印象を持ちました。行方不明者を含めても、約180人しかいません。

しかも死者の多くは、消火活動にあたっていた消防士であるという情報もあります。化学物質が消火活動で撒いた水に反応して、その爆発で亡くなったという話なのです。

これって、あまりにも不自然だとは思いませんか。大規模な火災があったということは、日本の感覚だと、周囲に野次馬がいても不思議は無いですよね。そこにあの規模の爆発があったのです。多数の野次馬が巻き込まれても不思議は無いでしょう。なにせ、半径2キロ圏内の建物の窓ガラスが割れているという話もあるそうですから。

ネットにアップされている写真を見るとよく分かるのですが、比較的近い場所にマンションのような高層ビル群を見ることが出来ます。発生した時間が夜の11時だったとは言え、周りに人がいないことの方が不思議なんですよね。

かなり不思議なこの状況ですが、納得できる答えが見つかりました。実はこの地域はいわゆる鬼城だというのです。

鬼城というのは、要するにゴーストタウンのことですね。中国では、マンションなどの開発がされたのに居住者が現れず、ゴーストタウン化する街が多いと言います。そんな街の一つがこの地域だったと言うわけです。

このあたりに関しては、建設途中でプロジェクトが止まってしまったものが多いようです。人がいなければ、死者も出ませんよね。非常に納得できる答えでした。7


  1. トヨタ、天津工場で生産停止延長-爆発で中国操業の影響拡大
    ブルームバーグ 2015/08/20 []
  2. 天津爆発、住民に不安 「神経ガス」など断片情報で混乱
    朝日新聞デジタル 2015年8月20日 []
  3. 天津倉庫爆発 「神経ガスの成分検出」の報道 否定の見方も 情報錯綜
    産経新聞 2015年8月19日 []
  4. 天津爆発で「デマを流した」50ウェブサイトが閉鎖される=「原因を調査しないで市民を調査」「最大のデマ発信者は中国中央テレビ」―中国ネット
    Record China 2015年8月16日 []
  5. 急成長に「大物」の影=不透明な企業の実態―天津爆発で汚職捜査・中国
    時事通信 2015年8月20日 []
  6. 天津爆発事故の犠牲者家族をかたる少女、同情した3700人から現金だまし取る=中国ネット「自分もだまされた!」「刑務所で反省しててくれ」
    Record China 2015年8月15日 []
  7. 中国・天津の爆発事故。少ない死傷者、鬼城化した街…。報道では伝わらない実態とは?[橘玲の日々刻々]
    ダイヤモンド・ザイ 2015年8月21日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。