このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

韓国の行動原理がよく分からん| 経済状態が悪化して日韓首脳会談を開きたいんじゃないの?

「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録を巡って、色々とゴタゴタがあったようです。また嫌韓の感情が噴出しそうな状況になってきました。

事の経緯を簡単に説明しておきましょう。

  1. 韓国側が「強制労働」を強いられた地域であることを理由に反対の立場を示す
  2. 日韓外相会談を行い、日韓両国で協力すると合意
  3. 「強制労働」という文言を入れないと同意できないと韓国が主張
  4. 玉虫色の文章で決着することになる
  5. 韓国国内ではメディアが一斉に勝利宣言

日本側としては韓国との外相会談の結果を反故にされたという認識が強いわけです。こんなふうな裏切り行為があると、日本人の対韓感情の一段の悪化は避けられない状況でしょうね。

まあ、これ以上悪くなる余地があるのかと言われると、答えに窮するのですけど。

さすがに今回は驚きました

韓国との外交で発言を突然翻すのは、別段珍しいことではありません。彼らにかかると、何をやっても問題は未解決という事になってしまう今の状況を見れば明らかでしょう。

でも、さすがに今回は、ちょっと驚きました。こんなふうに手のひらを返すようなことをしても、韓国にはほとんどメリットは無いと思えるからです。

そもそも現在の韓国経済は、お世辞にも良い状態とはいえません。そして最近の韓国は、経済的なメリットを考えて、日韓関係の改善を望んでいる雰囲気でした。

でも、今回のようなことをしてしまうと、日韓首脳会談の実現は難しくなっているはずです。日本側としても、今韓国と会談をしたら世論の反発を受けるだけでしょうからね。いざと言うときに日本側が断る口実を作らせてしまった格好です。

仮に今回の一件が韓国の世論に受けたとしても、それに対して失うものの方が大きいように思えてならないのです。こんな小さな勝利をマスコミにアピールするために、日韓首脳会談の実現を難しくしたのでしょうか。

こうやって考えると、今回の行動の合理性が全く分からないのです。思いつきで反対したようにしか見えません。

新しい外交カードにしたいのかな

夕刊フジの記事で、この行動に関して面白い解説を見つけました。もしかしたら、新しい外交カードを手に入れるために今回のような行動に出たのかもしれません。

ちょっと引用してみましょう。

岸田氏は「『強制労働』を意味するものでない」と説明し、財産請求権の問題は完全に解決済みとする従来の日本政府の立場に変わりがないと強調。外務省筋も、委員会での日本側の発言を裁判で使わないという確約を韓国政府に何度も確認したというが、とても信用できない。

外務省としては、今回の発言は別のところでは使われないという確約を取った上で文言に入れたという事のようです。しかしこれに対して、室谷克実氏は次のようにコメントしています。

「韓国は『日本は世界遺産に登録したくて仕方ないはずだ』と足元を見て、土壇場でゴネた。日韓外相会談で、交渉の余地を残したことがアダとなった。日本の外務省は『韓国の確約を取った』というが、韓国は後々、要求してくるだろう。歴史的事実を突き付けて、世界遺産登録の返上も覚悟して交渉すべきだった。慰安婦問題に続き、徴用工問題という禍根を残した。日韓関係はもはや修復不可能だ」

韓国が今回の件を裁判などで利用してくる可能性があると指摘しているわけです。つまり、新しい外交カードを手に入れたという主張ですね。

この説なら、韓国の行動も多少は納得できるかなあ。でも、韓国の現状を考えると、日韓首脳会談の実現を急いだほうがメリットが大きいと思うんですけどね。

それ以上に一時の勝利や外交カードが重要だったということでしょうか。でも、その有効性すら疑わしい気もします。今回の文章は、韓国が政治的に使えないように、骨抜きにされているという話もありますから。どこまで利用価値があるのかは疑問なのです。

やっぱり、行き当たりばったりで行動しているような気がするんだよなあ。

悪いのは日本だと言っているようです

ちなみに、今回の件に関しての韓国のメディアの主張が興味深いです。半ば逆切れのように、日本が日韓関係の改善を妨げていると言うようなことをいっているようなのです。

具体的には、今回の世界遺産登録が決まった後の日本の行動を問題視しているようですね。次のようなことを言っているのだそうです。

岸田外相が世界遺産登録決定後に「強制労働を意味するものではない」と語り、日本政府が公表した日本語版が「強制的に働いた」ではなく「働かされた」となっていた点を問題視。「『韓国人が自己の意思に反して動員され、過酷な条件で』というくだりが存在するにもかかわらず、一つの単語で全体を歪曲しようとしている」と激しく非難した。1

土壇場になって自分達がゴネた経緯は無視して、その後の日本の対応を非難しているわけですね。その上で、次のようなことを書いています。

さらに、「今回のように(関係改善の)チャンスを作っても、かえって不信感を高める行為を安倍政権がやめない限り、真の韓日関係正常化には程遠い」などと、今回の世界遺産登録を巡る日韓摩擦の責任はすべて日本側にあると主張した。

ちなみに、引用部分のカギ括弧の中身は朝鮮日報の記事からの引用だそうです。一つの事実に目を瞑るだけで、日本側を完全に悪者に出来るわけです。こういう事にかけては、上手だなあと思います。

多分、日本のことを海外で悪く言うときには、この論法を使うのでしょうね。韓国の大統領は、日本の悪口を言って世界各国を回るのが趣味のようです。きっとこの悪評も熱心に広めて回ることでしょう。

でも本当に、優先順位をどう考えているのか、さっぱり分かりません。目先の勝利だけが行動原理になっているように思えるのです。でもこのまま日韓関係が悪いままで韓国は大丈夫なのかと、ちょっと心配になってしまいます。


  1. 関係改善の機会を踏みにじる日本・・韓国メディアの社説に「日本は関係改善の意思が全くない」「ユネスコは黙認するのか?」―韓国ネット
    FOCUS-ASIA.COM 2015年7月8日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。