このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

韓国人は日本人が劣等感を持っていると信じている?| あるいは、そうであってほしいという希望なのだろうか?

ニュースサイトをチェックしていて、最近気づいたことがありました。どうも、韓国がらみのニュースでは、劣等感という単語の出現率が多い気がするのです。文脈としては、日本人が韓国人に劣等感を抱いていて云々、という感じのものが多いようですね。

彼らの中では、日本人の行動が不可解なのは、韓国に対して劣等感を持っているからだと思っているようです。特に、日本人が韓国に対して批判的なときに、このロジックを持ち出すようですね。

あるいは、もしかしたら、日本人が劣等感を持っていると思いたいだけなのかもしれませんけど。

韓国人に劣等感を抱く日本人っているの?

でも、日本人が韓国人に対して劣等感を持っているなんて話は、日本では全く聞かないですよね。というか、最近の日本人は、全ての外国人に対してそれほど劣等感など抱いていない印象です。

20年位前なら、欧米に対する劣等感は間違いなくあったのでしょうけどね。それすらも、最近はあまり感じません。

ですから、韓国発のニュースで日本人の劣等感云々という話が出てくると、本当に不思議に感じるのです。怒りを覚えるというよりも、内容が頓珍漢すぎて、理解が出来ないという感じです。思い当たるふしが全く無いと、頭にすら来ないようです。

Yahoo!ニュースで「劣等感」で検索

さて、韓国系の記事で「劣等感」という語の使用が多いという、私の感覚は正しかったのでしょうか。実際にYahoo!ニュースの最近の記事で検証してみましょう。

具体的には、とりあえず、「劣等感」でYahoo!ニュースの検索をしてみます。そして、新しい記事から20本で「韓国」という単語が含めている記事の本数を数えてみました。そうしたところ、9本の記事で該当するものがありました。

20本中の9本ですから、やはり韓国がらみの記事で「劣等感」という語が出てくる確率は高そうですね。まあ、サンプルが少なすぎるので、確定的なことは言えませんけど。傾向としては何となく分かりました。

韓国人はなぜ「劣等感」という語を使いたがる?

それでは、なぜ韓国人は「劣等感」という語を使いたがるのでしょうか。素直に考えると、自分達の持つ劣等感の裏返しなのかなあという感じはします。

韓国人には、自分達の行動原理の1つが、「劣等感」に起因するものだという自覚があるのでしょう。そして他国民、特に日本人も同じような感覚を持っていると、勝手に思っているわけです。つまり、日本人も劣等感を持っているという思い込みが最初にあるので、単語としても頻繁に使うわけです。

こう考えると、個人的にはとても合点がいきます。

あるいは、韓国人の読者が喜ぶように、日本人が劣等感を持っているという記事を書いているのかもしれません。韓国がらみのニュースは、もともとのソースが向こうのメディアである事も珍しくありません。そうであれば、韓国の読者向けの配慮があっても不思議では無いですよね。

もう1つの可能性として考えられるのは、本当に韓国人の方が日本人よりも優れていると考えているケースでしょうか。昔の韓国の世界観だと、大国中国の1の子分が韓国で、その下に日本が位置していたという認識を持っていたそうです。

そういう認識を持ち続けていれば、日本人が劣等感を持っているという話につながってくるのかもしれません。国際情勢に疎い人たちだと、自国の価値観が他国でも通じると思ってしまうということもあるでしょうから。

まあ、実際のところはよく分かりませんけどね。色々とこじつけようと思えば、こじつけることは可能なようです。

何にしても、彼らが日本と比較をするのが好きなのは間違い無さそうです。気になって気になって仕方が無いのでしょう。


スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントは受け付けていません。