このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

日本旅行に来る中国人は何を買って帰るのでしょうか?結構色々なものが売れているようです

日本は中国人にとって人気の旅行先のようです。震災の影響で一時は中国人観光客の数も減ったようですけどね。現在ではそんな状況も克服し、The Wall Street Journal によると、中国人が旅行したい国のトップが日本なのだとか。

行きたい訪問先44か所から5か所を選ぶと言う調査で、39.6%が日本に行きたいと答えたのだそうです。1 複数回答の調査とは言え、約4割ってすごいですね。

記事によると、日本に観光したいと言う層が元々多いのに加え、円安の影響も大きいようですね。また、東南アジアの航空機事故の影響で、東南アジアを避ける人が増えたのも、日本が人気の要因になっているようです。

日本におしよせる中国人が買うもの

中国人が日本の来る大きな目的の一つが、ショッピングみたいです。でも中国人って、どんなものを買っているのでしょうか。中国からの旅行客を受け入れ始めた頃はメイド・イン・ジャパンの家電製品が売れていたという話ですが、変化はあったのでしょうか。

これに関して、「中国人観光客が日本で必ず買うもの、絶対買わないもの―中国紙」という記事が参考になりそうです。統計に基づいて書かれたものではありませんから、記者の主観がかなり入っているでしょうが。2

食品は買わないらしい

まず興味深かったのが、日本の食品は買わないと言う指摘です。ちょっと引用してみましょう。

(3)食品:日本の食品は高すぎて、買って帰る意味はない。キャンディーなどは値段も高いし、おいしくない。チョコレートは別。

日本の米は高くても売れると言うような話を聞いたことがあるだけに、ちょっと意外でした。キャンディーがおいしくないと言うのは、単純に味覚の違いでしょうか。

家電は人気のものと人気が無いものがあるらしい

ちょっと意外なのが、次の指摘です。

(2)デジタルカメラ、ビデオカメラ。中国よりやや安いが、日本語のメニューやアフターケアの問題が厄介で、買うに値しない。

2つの点が驚きです。

そもそも、日本のカメラなどは中国人が買って帰る定番商品だという印象がありました。ですから、「買うに値しない」と書かれているのが意外でした。

中国人の日本旅行への旅行が解禁されてから大分時間が経ちますから、経験を積んでこういう判断をするようになったという事でしょうか。

もう一つは、デジカメなどが「中国よりやや安い」という部分ですね。これは、同じ商品を中国で買うのと比べたと言うような意味なのでしょうか。中国の関税がどうなっているか走りませんが、関税がかかるなら日本で買ったほうが安そうですね。あとは、流通のコストがかかる分、ちょっと高くなる傾向はあるのかもしれません。

その一方で、人気の家電もあるようです。

(4)シェーバー、小型家電。日本のセールスポイントで、言うまでもない。フィリップスのシェーバーは中国より3分の1は安く、機種も最新だ。

日本の家電は、やっぱり人気があるようです。操作が簡単なものに人気が集まっているのかな。

ちょなみに、フィリップスはオランダのメーカーですね。日本に来て、わざわざオランダメーカーの家電を買うということでしょうか。

化粧品は関税が高いのかな?

日本の化粧品は中国で人気が高いと言うのは知っていました。ドラッグストアーに行く中国人観光客も多いようです。ですから、次のような指摘は、それほど驚くことはありませんでした。

(1)化粧品。日本へ行ったら化粧品は買わなければならない。日本メーカーの商品は中国で買うのに比べて3分の1ほどの値段で、お手ごろだ。

ただ、「中国で買うのに比べて3分の1ほどの値段」というのはちょっと驚きですね。何でこんなに値段が違うのでしょうか。

一つ考えられるのが、関税の存在です。関税がかかるとするなら、価格差が大きいのは不思議ではありません。そして、ドラッグストアなどで買っているとすれば、正規店で買うよりも安いのでしょう。両方の効果を合わせると、3倍くらいの価格差もありえるのかもしれません。

これは逆に考えると、中国国内では日本の3倍の値段でも買う人がいるということですよね。率直に言って、かなりの驚きです。そこまでお金を出しても買いたい人がいるのですね。

300円の時計って何だ?

最後にもう一つ。

(2)腕時計。腕時計も中国より安く、質も非常によい。人民元に換算して数十元の腕時計の質が、中国で200-300元(約3800-5700円)のものと質が変わらない。カシオの腕時計も中国での価格の半額ほどで、しかもメイドインジャパンだ。

この指摘に関しては、ちょっとよく分かりません。十数元の日本製の時計というのが、理解できないのです。

10元だと190円くらいですから、十数元というのは300円前後の時計という事ですね。こんな時計って、本当に売っているのでしょうか。

100均ショップとかに行くと、確かに格安で買えるのかもしれません。でも、質の面ではどうなのでしょうか。

家電量販店の店頭などでも安い時計が売られていますが、そんなに安いかなあ。500円くらいで国産の腕時計があるのかもしれません。

そして、この件でもう一つ不思議なのが、「航空運賃や高い宿泊費を払って日本に来たのに、こんな安い時計を買うのか?」という点です。それだけのコストを払って日本に来たのだから、もう少し高い時計を買いそうですよね。中国人は見栄っ張りだから、無理をして高い時計を買う可能性の方が大きそうです。

それとも、安い時計はお土産としてばらまくために買うのかなあ。


  1. 中国人旅行者の行きたい国、日本がトップに
    wsj.com 2015年1月5日 []
  2. 中国人観光客が日本で必ず買うもの、絶対買わないもの―中国紙
    Record China 2015年2月15日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ