このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

民主党や共産党はなぜ金融緩和に反対なのか?

民主党の経済政策は、率直に言ってちょっと不思議です。例えば先ごろ行われた民主党の代表選挙などを見ていると、よく分かります。

代表に決まった岡田氏は消費増税すべきという持論を持っているようです。そして、対抗馬だった細野氏は円高を是としていました。ついでに言うと枝野幹事長は、金利を上げて景気回復というようなことを言っています。

でも、このような政策を掲げるのは、かなりおかしなことなのです。と言うのも、本来左派政党というのは金融緩和を促進する立場をとるケースが多いからです。むしろ、金融の引き締めを是とするような発言ばかりなんですよね。

金融緩和は雇用につながる

なぜ左派政党が金融緩和に積極的なのでしょうか。

金融緩和というのは、実は、雇用政策でもあるからです。一般的に金融緩和が行われると、失業率は減り求人倍率は増えると考えられています。

例えばアメリカでは、連銀のトップであるFRB の議長が、雇用について追及される姿をよく目にします。そのくらい、金融政策と雇用は関連が深いと思われているわけです。ちなみに連銀のトップという事は、日本では日銀の総裁に当たる人ですよね。

でも日本の左派政党は、金融緩和ではなく、軒並み財政再建にご執心なんですよね。財政再建というのは、金融を引き締めるということです。「雇用が一番」と言いながら、雇用に効果がある金融緩和には反対するんですよね。もう、意味が分かりません。

この点について非常に疑問を持っていましたが、松尾匡という立命館大教授の見解を知り、少しなぞが解けたようにも思います。ちなみにこの方自身はマルクス経済学者を自称しているようですから、かなりリベラルよりの人なのでしょうね。

支持者に媚を売るための金融緩和反対?

朝日新聞のインタビュー記事から、ちょっと引用してみましょう。

「なぜ左派が金融緩和に反対するのか。言ってしまえば、左派は雇用問題が一番深刻な若い世代の支持がだいぶ細っていて、古参の支持者に依存する現実がある。退職して年金生活者になっている支持者は金融緩和による物価上昇を恐れる気持ちが強い。それが一つの理由ではないか」1

要するに、支持者に媚を売るために、金融緩和に反対する姿勢を見せているということです。もっと厳しく言うと、保身のために政策をゆがめていると言い換えても良いでしょう。

確かに金融緩和は、既得権を破壊する部分も大きそうです。例えば、金融緩和を行いインフレになれば、実質的な年金の受給額が小さくなる可能性もあります。そうなると、既得権を持っている年齢の高い層には不利ですよね。

今までの民主党のスタンスは、単なる知識不足からの行動だと思っていました。民主党幹部の話を聞いていると、経済に関しては、かなり頓珍漢な話をしていましたから。

でも、そういう事ばかりでも無いのかもしれません。党の支持者の利益を守るために行動しているとも言えるわけです。

ちなみにこのインタビューは、全体的に納得できることが書かれています。興味があったら、チェックしてみると良いでしょう。

既得権に配慮する人たちをリベラルと呼ぶのか?

でも、この動きって、本来のリベラルと言う意味からはかけ離れていますよね。

デジタル大辞泉によると、リベラルという言葉は、「政治的に穏健な革新をめざす立場をとるさま」という説明があります。これって、現在左派と呼ばれている人たちの態度とまるで受け入れないものということになってしまいます。

リベラルを装うのは、かつてリベラル的なものを是としてきた人たちを欺くための擬態という事でしょうか?だとしたら、そうとう打算的な態度と言わざるを得ないでしょう。

あともう一ついえるのが、このまま行くと、日本ではリベラルな政党はなくなるのではないかという可能性です。現在の高齢者に支えられる形でリベラル政党が存在するなら、10年後とか20年後には支える人がかなり減っているはずですよね。

なんにしても、非常に面白い指摘だと思いました。

民主党は経済政策のブレーンを変えた方がいいんじゃないか

今回紹介したような意見を持っている人を見ると、民主党は経済政策のブレーンを変えた方がいいんじゃないかと感じます。今の民主党の幹部の話を聞いていると、この人たちに政権は任せられないという思いしかしませんから。

今の民主党は、自民党の政策ありきで、それに反対するためにはどうすればいいかという視点でしか行動していないように見えるんですよね。かつての社会党を見ているようです。

このままだと、何も期待できそうにありません。


  1. 左派こそ金融緩和を重視するべき 松尾匡・立命館大教授
    朝日新聞デジタル 2015年2月16日 []

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメント / トラックバック2件

  1. admin より:

    コメントどうも

    でも、残念ながらその見方は正しくない
    なぜなら、民主党政権発足前にリーマンショックによる落ち込みがあったからね
    上がって当然の状況だった

    ついでに言うと、あなたの議論も民主党が正しいという前提でされてる気がする

  2. 匿名 より:

    だけど民主党政権の方が景気が良かったけどね。
    内閣府経済社会総合研究所の調べで、民主党が政権を奪取した2009年7~9月期から、政権を明け渡す12年10~12月期までの実質GDPの伸び率が「5.7%」だったのに対し、安倍政権が誕生(12年10~12月期)してから3年間(15年7~9月期)の実質GDPの伸び率は「2.4%」。つまり、同じ3年間を比べてみると、伸び率は民主党政権時代の方が安倍政権より2倍以上、数値がよかった。

    つまりアベノミクスは都合の良い数字を都合よく解釈しているだけであり、民主党政権よりまともだとは思えないし、今の自民党は政権担当能力以前に存在している理由すらわからない。戦後一番無能な首相と内閣であり、早く解党するべき。今の自民党は、「民主党政権はヒドかった」と批判ありきで、アベノミクスの失敗の反省もなく、失敗を隠すために新3本の矢を出してきただけ。

    今の自民党は何も期待できないし、不向きなのになぜ政治家をやっているのか不思議である。

コメントをどうぞ