このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

「老後は賃貸マンション経営を!」なんて夢物語に乗せられるな

老後のための資産運用の一つの方法として、不動産を買って賃貸に出すという方法があります。定期的な家賃収入を得ることを目的にするわけですね。でもこの方法、冷静に考えるとそれほど簡単ではありません。

簡単ではないと思える根拠はいくつもあるのですが、このページではその根拠を一つご紹介しましょう。

空室率が13.5%

不動産を貸し出すのが簡単ではないと思われる一つの根拠は、日本の空室率の高さです。総務省の住宅・土地統計調査結果によると、全国の住宅のうち、13.5%が空室なのだそうです。

総務省が29日発表した2013年10月1日現在の住宅・土地統計調査結果(速報)によると、住宅の全国総数6063万戸のうち820万戸が空き家で、空き家の割合は13.5%と、08年の前回調査と比べ0.4ポイント上昇し過去最高を更新した。総住宅数は305万戸、空き家数は63万戸それぞれ増え過去最多。

  • 空き家率、過去最高の13.5%=山梨、長野が上位―総務省(時事通信)2014年7月29日

これって、住宅を購入して賃貸に出そうと言う人には、とても怖い数字だと思うんです。13.5%が空室ということは、仮に賃貸用のマンションを買ったとしても、12か月のうちの2か月近くは空室になるということですからね。

当然ですが、空室になったら収入はありません。でも、空室だからと言って固定資産税がなくなるわけではありません。それにマンションだったら、管理費やら積立金は払わないといけません。

はっきり言って、これは大きな負担と言っていいでしょう。

実際にはまったく人が入らない物件もある

単純に12か月のうち10か月空室だと言うのなら、まだ問題は小さいかもしれません。一定の割合で空室があることを見込んで投資の計画を立てればいいからです。

しかし実際には、そんな単純な話ではありません。立地が悪い物件となると、どんなに賃料を下げても、人がぜんぜん入らない可能性だってありますよね。

そうなると、不動産を買ったはいいものの、そこからまったく収入が無い状態になってしまうわけです。こうなったら悲惨ですよね。

不動産は分散投資がしにくい

投資においてリスクを減らす有効な方法は、分散投資をすることです。しかし、不動産投資の場合はこれがやりにくいのです。

よほど資金的に余裕がある人でなければ、いくつも不動産を買うことなんて難しいですよね。それに、いくつも不動産があったら、管理が大変になるという別の問題も存在します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ