このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

住宅ローンの一部繰上げ返済の特徴

住宅ローン(全期間固定金利型)の一部繰上げ返済の特徴について、簡単に整理してみましょう。一部繰上げ返済と言うのは、文字通り、ローンの一部を繰り上げてまとめて返してしまうということですね。

まず、住宅ローンの一部繰上げ返済には、2つのタイプがあります。一つを返済期間短縮型と言い、もう一つを返済額軽減型と言います。

返済期間短縮型というのは、月々の返済額は変えないで返済期間を短くする返済方法です。返済額軽減型というのは、返済期間を変えないで、月々の返済額を減らす方法です。

どちらがいいかはケース・バイ・ケースです。トータルの返済額という意味では、返済期間短縮型の方が返済額軽減型よりも返済額が小さくなります。

しかし、返済額軽減型にすると、月々のローン返済の負担が減ります。そのため、家計のやりくりは楽になります。

状況に応じて、どちらを利用するかを選ぶのがいいでしょう。

ちなみに、繰上げ返済の仕組みは金融機関によって異なります。最低返済額は同じではありませんし、手数料も違います。一部繰上げ返済の時には、忘れずにチェックしておきたいですね。

返済期間短縮型よりも返済額軽減型の方が返済額が小さくなるのはなぜ?

返済期間短縮型と返済額軽減型を比較したときに、返済期間短縮型の方が返済額が小さくなる理由を確認しておきましょう。と言っても、それほど難しくありません。

まず確認しておくべきなのは、一部繰上げ返済をした直後のローン残高は、返済期間短縮型でも返済額軽減型でも同じだと言う事です。例えばローン残高が1,000万円あって、500万円の繰上げ返済をしたとしましょう。繰上げ返済直後のローン残高は、どちらのタイプでも500万円ですよね。

元金部分が同じなら、ローンの返済期間が短いほうがトータルの返済額は小さいですよね。ですから、返済期間短縮型の方が有利なのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ