このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

フラット35の保証型は買取型より有利な点がある

フラット35は半官半民の住宅ローンの仕組みです。公的な性格を持つので、比較的低い金利で長期固定のローンを組むことが可能です。住宅購入の際には、ぜひ利用したいものです。

ところで、フラット35には2つのタイプがあるのをご存知でしょうか。「買取型」と「保証型」の2つです。

買取型というのは、住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取ってくれるという仕組みです。買取という言葉通りですね。従来からある仕組みです。

もう一つの保証型というのは、証券化した債権の保証をしてくれるという仕組みです。買取型のような住宅ローン債権の買取は行いません。仕組みとしては後発です。

ちなみに、買取型は金利以外はどの金融機関も同じ仕組みですが、保証型は各社特徴があるようです。

「保証型」ならではのメリットもある

買取型と保障型には、これ以外にも違いがあります。その中で特に大きいのが、保証型は金融機関によっては借り替えのために利用できることがあるという点でしょう。市場環境が変わって返済に有利な条件になったら、借り換えができるということですね。

一方の買取型では新規の購入資金目的でしか使うことができません。

同じフラット35でも買取型と保証型は全然別の商品です。その違いを理解した上で、有利なほうを使いたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ