このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

贈与税の暦年課税と相続時精算課税、違いは何?

贈与税には暦年課税と相続時精算課税の2つがあります。それぞれの違いは何でしょうか。

暦年課税というのは、簡単に言うと、従来からある贈与税の課税方式です。1月1日から12月31日までの1年間の贈与に対して課税がされます。

相続時清算課税は、結果的に贈与ではなく相続の前倒しとなる仕組みと考えるとわかりやすいでしょう。

相続時清算課税では、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納めるます。ただ、その贈与者1 が亡くなった時に、贈与財産の価額と相続財産の価額とを合計した金額を基に相続税額を計算しなおします。そして、既に納めたその贈与税相当額が控除さるのです。

比較をしてみましょう

ちなみに、暦年課税の場合は、誰からの贈与でもかまいません。しかし相続時清算課税を選べるのは、60歳以上の者から20歳以上の推定相続人及び孫への贈与2 に限られます。

控除に関しての扱いも違います。暦年課税は110万円の基礎控除が毎年使えます。一方の相続時清算課税は特別控除が2,500万円あります。これは、限度額まで複数回使用できます。

また、税率の扱いもことなります。暦年課税の場合は、贈与財産の価額によって税率が異なります。一方の相続時清算課税の場合は、税率は一律で20%と定まっています。

  1. 贈与者というのは贈与する人という意味ですね。 []
  2. 平成26年12月31日までは、65歳以上の者から20歳以上の推定相続人への贈与 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ