このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

アルバイトが集まらずに店を閉めるすき家| 経営への影響は限定的?

ゼンショーが経営する「すき家」の184店舗が店員不足で営業できないそうです。毎日新聞が伝えています。1 正確には、28店舗がアルバイトの不足ということのようです。その他の店舗は、店舗の改装など、違う理由のようですね。

ちょっと印象操作のにおいがしますね。もっとも、人員不足に陥ったから、急遽回想している可能性もあります。その意味では、2つを併記すること自体には意味があると思います。

すき家がアルバイトの確保に苦労しているという話は、以前から伝えられていました。しかし、改装などが理由とし、アルバイトの不足は否定していました。ついに言い訳できるレベルを超えたということでしょうか。

Yahoo!ニュースでは批判の嵐

非正規雇用の問題にはなぜか敏感なYahoo!ニュースのコメント欄では、このことに関して、一斉に批判コメントが集まっています。例えば、次のようなコメントです。

もう無駄だよ!
ワンオペで激務、深夜はガードマンも兼任なんて職場、誰が好んで働くものかよ。ガードマン兼任なら深夜の警備員で働く方がマシなんじゃない?

時給1500円でもお断りだわw

ブラック企業は全部潰れてください

このコメントは、「共感順」でトップだったコメントですが、以下似たようなものがズラズラと続いていきます。この方々の反応は、いつもの通りでした。

でも、「本当にそうなのか?」というのは、やっぱり疑問ですよね。かなり希望的な観測が含まれているようにも思います。

リスク管理が甘い企業という印象は強い

ゼンショーの経営がかなりリスクを取っていたのは分かります。深夜に勤務する店員が少ないことは一般にも良く知られ、強盗事件などが多発していました。かなり少ない人数で、店舗をまわしていたことが容易に想像できます。

アルバイト人員のバッファを、ほとんど持っていなかったことが、簡単に営業が止まってしまう要因の一つでもあるのでしょう。ちょっとバイトが辞めると、すぐに店が閉まってしまうわけです。

率直に言って、リスク管理という意味では、色々気になる企業であるのは確かそうです。経営に対するリスクと、店舗のセキュリティに対するリスクの両方に問題があったわけです。

そこまで追い詰められているのか?

すき家のやり方に問題があったのは事実でしょう。でも、このことをもって経営が行き詰ったというのは、さすがに言い過ぎなのかもしれません。当たり前の事ですが、Yahoo!ニュースのコメントは、主観と偏見がいっぱいの独り言に過ぎませんから。

で、実際はどうなのかというあたりを、客観的な方法でチェックしてみましょう。

まず株価ですが、下げてはいますが下げ幅は限定的です。チャートでチェックすれば一目瞭然ですね。

132

これは過去2年のチャートですが、株価の上限は1,300円あたりでしょうか。現在が1,000円程度です。下げてはいますが、大騒ぎするようなものでもありません。

しかも、この株価の下落には、増資の影響もあるようです。そう考えると、店舗が開けないこと自体は、ほとんど問題視されていないことは分かります。

影響が小さいことは、すき家の店舗数を見ても、簡単にチェックできます。人員不足の影響で営業が出来ない店舗は、記事によると28店舗です。一方、すき家の店舗数は全国に2,000近くあるのです。2

つまり、28店舗の問題だけなら、すき家全体への影響は限定的だということです。売上に対して1%とか2%という話ですからね。

Yahoo!ニュースのコメント欄で「潰れる」だ「お終い」だと言ったところで、コメントをしている人たちの希望的な観測でしかありません。やっぱり、所詮は独り言なのです。

もちろん、この傾向が長期で続けば、すき家の将来に対する見通しにも影響してくるでしょう。

転機に差し掛かっているのは事実

もっとも、長期的に見て、転機に差し掛かっているのは事実なのでしょう。現政権の経済政策が続けば、デフレ時代に恩恵を受けてきた企業には厳しいでしょう。何せ、物価を上げる方向に舵を切っていますから。低価格で勝負するのは厳しくなります。ちょっとした値上すると、すぐに売上に影響しそうな客層でもあるでしょうし。

それに、アルバイト集めは全国的に難しくなりつつあるようです。すき家もやり方を改めないと、人材不足という意味でも、今後ますます苦しくなる可能性は大きいです。

経営陣もとっくに気づいてはいるでしょうが、大きな変革は必要な時期でしょう。

株式投資に関するニュースと余談

  1. <ゼンショーHD>すき家184店 店員不足など営業できず(毎日新聞)2014年5月14日 []
  2. より正確には、2014年3月時点で1,984店舗 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ