このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

サムスン電子の成長は完全に止まったのかなあ| 株価でみても業績でみても横ばい

サムスン電子の営業利益が、2四半期連続で前年同期を下回ったそうです。2014年1~3月期では、4%のダウンと言うことですね。

韓国サムスン電子は8日、2014年1~3月期連結決算で、本業のもうけを示す営業利益が、前年同期比4%減の8兆4000億ウォン(約8160億円)になるとの見通しを発表した。

2四半期連続で前年実績を下回ることになる。1

率直に言って、営業利益の下げ幅としてはそれほど大きいわけではありません。売上と違って利益は、簡単に増えたり減ったりしますから。ただ、売上も横ばいと言うことですから、サムスンの成長が完全に止まったという印象は避けられませんね。

新しい成長分野を見つけられていない様子です

サムスン電子はスマホ依存から脱却しないと将来的に厳しいと、散々言われてきています。しかし、スマホに代る新しいビジネスは、今の所見つかっていないようですね。

先進国ではスマホは成熟期商品になりつつあります。途上国では国民の購買力を考えると、利益率が高い高機能の機種の販売は見込めないでしょう。この状況を踏まえて、「どうするサムスン?」という感じでしょうか。

株価が横ばいになったのは明らか

さて、株価チャートを見てみると、サムスン電子の成長に陰りが見えているのは明らかです。ここ1年ちょっとは、横ばいかちょっと下落と言う感じです。以前のような大きな成長は期待できないというのが、市場の見方なのでしょう。

113

今後新たな成長分野を見つけるのか、2013年あたりをピークに業績が衰えていくのか、結構な正念場になっていそうです。韓国経済の明暗を握っている企業だけに、注目は集まりますね。

ホワイトハウスにも目を付けられたサムスン電子

ちなみに、サムスンと言えば、最近は違う件でやらかしました。MLBの選手が米国のオバマ大統領と取った写真を商用利用したのだそうです。2

この写真騒動はかなり計画的なものだったらしく、ホワイトハウスは相当怒っているようです。でもたぶん、サムスン電子からすると、やったもの勝ちという認識なのでしょう。

もともと世界各国で特許裁判を起こされているような会社ですからね。この程度のことは何とも思っていないはずです。

株式投資に関するニュースと余談

  1. 韓国サムスン、営業利益4%減…スマホ伸び悩み(読売新聞)2014年4月9日 []
  2. ホワイトハウス、「自分撮り」禁止せず―オルティス選手の騒動受け(ウォール・ストリート・ジャーナル)2014年4月8日 []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ