このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

スマホの通信料金、通話料金もチキンレースの時代に突入か?

スマホの通信料金や通話料金は、今後値下がりしていくのでしょうか。

固定電話やインターネット、ガラケーなどの例を見れば、あるタイミングを境に、通信料金や通話料金は加速度的に下がっています。もしかしたら、スマホでも、そんなタイミングに差し掛かっているのかもしれません。

値段が下がる理由は簡単で、通信キャリアが価格競争を始めるからです。新規の契約者を開拓しようと思ったり、他者から契約者を奪おうと思ったら、端末で差別化をはかるか料金を下げるしかありません。最近は端末で差別化をはかることが難しくなっているようですから、価格競争するしかなくなってきているのです。

ドコモは価格競争の腹を固めた?

少なくともNTTドコモは、価格競争やむなしという意志を固めたようです。通信料だけでなく通話料も含めた、完全定額のプランをスタートするようです。その結果、スマホ1台をもった場合の1か月の負担は最安で5,900円となります。5,900円で使い放題ということですね。1

NTTドコモは、携帯電話の料金を大幅値下げする。通話時間や時間帯などに制限を設けず、いくらかけても毎月一定額しかかからない完全定額制の通話料金を、国内で初めて導入する。スマートフォンの負担額は1台あたり最安で月約5900円となり、現在の一般的な利用料金より2千円以上安くなる。6月1日から始める予定だ。

率直に言って、通信料金に払う料金としては、これでも高い印象はあります。また、記事の内容だけでは、よくわからない部分があるのも事実です。それでも、価格競争の第一歩であるのは間違いないでしょう。

通話料金込みの値段と言うことも考えると、通話時間が長い人や通話回数が多い人には大きなメリットがありそうです。特にビジネス利用している人には、うれしい料金体系でしょうね。

ちなみに、このサービスの開始は6月1日からということです。夏くらいまでには他社も追随してくるかもしれません。興味がある人は、定期的にチェックしてみると良いと思います。ドコモのサービスの詳しい情報も出てくるでしょうし。

さらにビックリなニュースが

スマホの通信料金の値下げ競争を予想させるのは、ドコモのニュースだけではありません。実は、端末代と通信料をあわせて月額2,980円でサービスを提供する会社が現れたのです。しかも、完全な異業種からの参入です。2

イオンは、端末代と通信料あわせて2,980円という「格安さ」を打ち出したスマートフォンを4日から発売した。携帯の通信料の値下げ競争などにも影響するとみられる。

記事にあるように、流通大手のイオンが参入してきたわけです。2,980円と言う価格は、上のドコモの価格と比べても大幅に安いです。しかも、スマホの端末込みの価格なのです。

これだけ安いと、大手のキャリアも意識しないわけにはいかないでしょう。なにせ、半額以下でサービスを提供されるわけですから。

ただ、サービスには一定の制限がつくようです。

イオンが提供を始めたのは、韓国のLG電子製のスマホ「nexus 4」の端末と、通信料金をあわせて月額2,980円(税抜き・通話料は別)で利用できるサービス。

端末に関しては、LGの端末しか選べないようです。端末に対してこだわりがある人には、不向きなサービスと言えそうです。そして、月額には通話料金は入りませんから、通話が多い人にとってはドコモのサービスの方が使い勝手が良いかもしれません。

また、ヘビーユーザーには、次の点は不満でしょう。

安さを打ち出す一方、通信速度は、大手携帯電話会社に比べて、遅く設定されている。

安さの理由の一つは、通信速度の遅さから来ているわけです。とは言え、2,980定額というのは、大きなメリットですよね。通話料の問題も通信速度の問題も、ライトユーザーにはそれほど影響しないでしょうし。

また、個人的には、「契約を途中で打ち切った場合の解約金は発生しない」という点が魅力的だと感じます。今回対象としているのは、間違い無くこれからスマホを使い始めようと言う人たちです。途中解約してもペナルティが無いと言うのは、彼らにとって、明らかに大きなメリットと考えて良いでしょう。

とりあえず今回は、8,000台限定のテストのようです。でも、結果次第では本格的に参入してくる可能性も大きそうです。と言うか、かなり準備は進んでいるようですから、今回のケースで上手くいくかどうかの最終チェックをしているという感じなのかもしれません。

そうすると、値下げ競争に拍車がかかるのは避けられないでしょうね。利用者にとってはうれしい時代になりそうです。


  1. ドコモ、通話料金大幅値下げ 国内初の定額制導入へ(朝日新聞デジタル)2014年4月9日 []
  2. 端末代と通信料あわせて2,980円 イオンが格安スマホ販売開始(フジテレビ系(FNN))2014年4月4日 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ