このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ネットの影響でテレビの業績が深刻?多分、ラジオの方が酷いことになっている

ネット動画などの影響で、テレビ局が大変だ。こんな話は最近良く聞きます。そして、確かにテレビ局の売上は、年々落ちていっているようです。ネットだけが原因かは分かりませんが。

ただ、ネットの影響と言う意味では、テレビ以上にラジオの方が厳しいはずです。なぜなら、ネットによる配信などのレベルや配信内容を見ていると、地上波のテレビよりはラジオに近いものが多いからです。トーク中心だったり、音楽中心だったりと言う感じです。

こんな状況なので、ラジオが影響を受けているのは容易に想像がつきます。ライバルがたくさん出来たら、影響が無い方がおかしいですからね。

でも、具体的な数字として確認したことはありませんでした。そこで、ラジオ局の売上やら広告収入やらが分かるデータを探してみました。

広告収入は激減している

まず、次のグラフをご覧ください。ラジオ業界全体の広告収入をグラフにしたものです。

103

業界全体で見ると、広告収入は10年ちょっとで4割近く減っているようですね。このまま行くと、業界自体がなくなるのではないかというような、すごいペースです。

次に、テレビ全体の広告収入です。

102

テレビも減っていますが、ラジオに比べれば微減と言う感じです。巷間言われている程の悲惨な状況ではなさそうです。

ちなみに、このグラフは総務省の「放送局の経営分析に関する調査研究」からのコピーです。もともとのデータは、電通の「日本の広告費」というところから拾ってきたみたいです。データの出所はかなりしっかりしているので、信頼できるグラフだと考えて良いでしょう。

売上高は情報が少ない

次に売上高ですが、これに関してはあまり情報が見つけられませんでした。テレビと違ってラジオ局は、上場している企業が少ないのが原因でしょう。というか、ラジオだけで上場している局はあるのでしょうか。

それでも何とか、それなりに信頼できそうなデータを見つけました。2006年度1 のものと2012年度2 のものです。2006年度のデータは個人ブログからの引用なので、信頼性にちょっと自信はもてませんが。

例えば業界首位のニッポン放送ですが、2006年度の決算では、売上は約285億円でした。それが、2012年度には約192億円まで落ち込んでいます。あるいはTBSラジオの場合は、2007年の156億円から108億円まで売上が減っています。

どちらのケースを見ても、売上ベースで3分の2程度にまで落ち込んでいる感じですね。5年でここまで売上が落ち込むと言うのは、かなり大きな変化だと考えてよさそうです。

ちなみに、上で紹介した広告収入の変化を見てみても、2007年から2011年で3割程度は落ち込んでいるように見えます。ということは、広告収入の売上の減少したぶん、放送局の売上も落ち込んでいると考えて良さそうですね。

インターネットに広告主を取られているのが一目瞭然

ちなみに、テレビ・ラジオの広告収入が減少した分が、ネット広告に流れているのは確実です。

日本のGDPはここ十数年で大きく変化していません。ということは、企業の広告宣伝に掛ける費用も、それほど大きく変わってはいないでしょう。

ということは、テレビやラジオで減らした企業の広告宣伝の費用は、違う媒体に掛けられているということになります。そして、その受け皿になりうるのが、インターネット広告です。

論より証拠ということで、具体的なインターネット広告の推移を見てみましょう。見事に右肩上がりになっているのが分かります。

104

インターネット広告が伸びたのは、テレビ・ラジオからシェアを奪っただけではありません。テレビラジオの減少分よりも、増えている額が大きいですから。ただ、テレビ・ラジオから広告主を奪ってきているのは疑いのない事実と言って良さそうです。

  1. http://d.hatena.ne.jp/talkmaster44/20071013 []
  2. 赤字の文化放送に税金投入あり? AMラジオの急がれる経営再建(週間実話)2013年06月19日 []

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ