このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

モスバーガーと同じ価格帯だとマクドナルドは厳しいんじゃないかなあ

マクドナルドに久しぶりに実際に行ってみて、低迷している理由が分かるような気がしました。マクドナルドに対して持っている価格帯に比べて、かなり料金が高い感じがしたのです。

実際に購入したのは、チーズてりたまのセットを購入です。680円だったかな。また、メニューに載っていた単品の「てりたま」バーガーの値段は360円でした。

個人的に「てりたま」バーガーは好きなので、この価格でも別にいいのです。それでも、マクドナルドに対して持っている価格帯のイメージとは大分開きがあるような感じがします。

モスバーガーと同水準なんだよね

実際、360円と言うと、モスバーガーの価格帯と大差がありませんよね。また、セットで680円なら、モスバーガーのハンバーガーが2つ買える値段です。

この価格帯なら、マクドナルドではなく他のバーガーショップへ行く人も多いでしょう。今まで価格勝負をしてきたお店が、同じ商品を他の店と同じ価格帯で出すのです。お客が流れるのは、誰の目にも明らかです。

ちなみに、てりたまバーガーのセットを購入した時期に、全サイズでポテト150円のキャンペーンをやっていました。こういうところで安さを演出したいのでしょうけどね。これだけでは厳しい感じは否めません。

長期的に考えると上げざるを得ないのでしょう

もちろん、長期的に見たら、料金を上げるのは仕方がないことなのでしょう。日銀の取っている量的緩和政策は、為替を円安の方向に動かします。マクドナルドの原材料には輸入品も多いので、コスト高につながるのは確実です。

また日銀は、現在に比べるとインフレにするつもりですから、その意味でも厳しいはずです。低価格路線だと、年々ジリ貧になると言うことですね。完全に今までやっていた方法が機能しなくなっています。

とは言え、今までと同じ商品で、料金だけを引き上げるのは賢い方法ではないように思います。もうちょっと上手いやり方は無かったのでしょうか。

未だに迷走している感じも

価格などに関しては、未だに方向性が定まっていないようですしね。消費税率アップのタイミングにあわせて、ハンバーガーとチーズバーガーの値下げをするようです。価格を重視する層を呼び戻したいと言うメッセージなのでしょう。

その一方で、一部の商品は増税を価格転嫁するみたいです。でも、そうすると、激安のバーガー以外が超割高に感じられてしまいます。正直に言って、迷走しているようにしか見えません。

この感じだと、さらに何人か経営陣の首が飛ぶかもしれませんね。建て直しをするには、しばらく時間がかかりそうな気がします。マクドナルドが価格勝負だというイメージがなくならないと、厳しいままでしょうから。

しばらくは様子見でしょうか。

一応株価の動向をチェック

最後に一応、マクドナルドの株価をチェックしておきましょう。これを書いている時点で、マクドナルドの過去2年の株価は次のような感じになっています。

100

株価自体は年10%位は上昇しているのかな。でも、アベノミクスによる上昇には乗り損ねた感じですね。2012年の終わり頃から、TOPIX と比較をしてみるとよくわかります。

それでも、思ったよりは健闘している印象です。色々言われている割にはね。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ