このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

2ちゃんねるの転載禁止には何の意味がある?

2ちゃんねるで転載禁止の動きが広がっているようです。Yahoo!ニュースなどのニュースサイトなどでも大きく取り上げられています。

でも、個人的にちょっと疑問に思うのが、転載禁止を決めたところで、どんな拘束力があるのかという点です。そう決めることで、転載がとまるのでしょうか。

法的にはあまり影響がないようだ

2ちゃんねるのローカルルールで転載禁止を決めたところで、それを法的に止めるのは難しいです。というのも、引用自体は法的に禁止出来ないからです。

(引用)
第三十二条  公表された著作物は、引用して利用することができる。

ネットにかかれた時点で、公表された著作物と言うことが出来るでしょう。ですから、引用禁止を謳った所で、法的に禁止は出来ないのです。

ただ、この条文には続きがあります。

この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

いわゆるまとめサイトが「公正な慣行に合致」に合致していないか、「正当な範囲内」では無いと判断されれば、違法と言うことになります。でも、法律家の見解を聞く限り、これをもって違法と言うのは難しいようですね。

道義的な部分では理解できるんですけどね

ネットでの反応を見ると、無許可の転載は「犯罪だ!」とか「厳罰に処される!」なんていっている人もいます。でも上に書いたように、法律的な意味では、転載禁止と書いた所で意味はないのです。

人の書いた文章で収入を得ている人を許せない気持ちは分からなくもありませんけどね。現実を見ないで「犯罪だ!」とか言われても、困ってしまいます。

引用なのに改変する方が悪質だと思う

まとめブログのなかには、本来は引用なのに内容を改変してしまうものがあるそうです。個人的には、こっちの方が問題かなあと思います。自分の都合の良いように、情報操作が出来てしまいますからね。

あと、全文を全て引っ張ってくるのは、引用と言えるのでしょうかねえ。引用のマナーとしては、一応、引用する文章の半分を超えてはいけないと言うのはあるようなのですが。

さらに言うと、引用だけのコンテンツが許されるのかと言うのもあります。まとめサイトって、順番の入替だけで、結局は引用だけのコンテンツとも言えますよね。このあたりの問題はどう考えるのでしょうかねえ。

上に書いた「公正な慣行に合致」していませんよね。まあ、これをもって、法律的に争えるかと言うと、ちょっと難しいんじゃないのかとは思いますけど。

一定の規制にはなっているようだ

ちなみに、転載禁止のルールを受けて、閉鎖したまとめサイトもあるようです。ということは、法律的な効力云々は別にして、一定の効果は出ているのでしょうか。

もっとも、法的な拘束力が無いと分かったら、復活する人たちもいるのかもしれませんけどね。まあ、転載禁止を謳った影響がどう出るかは、しばらく注目が必要でしょう。

2ちゃんねるのユーザーからの攻撃があるのかも

ちなみに、2ちゃんねるへの書き込みで、まとめサイトを作っているやつは特定されて攻撃される、と言うようなものがありました。確かに、あの人たちならやりかねない気がします。

法律的には、まとめサイトを作る以上にアウトだと思うんですけどね。でも、確かに、一番怖いかもしれません。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ