このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

地震・津波に備えた特約付きの住宅ローンが三井住友銀行から発売

住宅ローンを抱えている人にとおて怖いのが、大きな自然災害です。

例えば、地震などで家屋が倒壊した場合は、地震保険に入っていれば地震保険の保険金がもらえます。しかし、地震保険の保険金は、最大でも建物の価値の半分です。

ということは、大きな地震災害にあった場合、住宅ローンが残ってしまう可能性も大きいのです。特に、築年数が浅い場合で頭金が少ない場合は、残るローンも大きくなります。

自然災害でローン残高の半分がチャラになる住宅ローン

こんなケースに対応できる住宅ローンが、三井住友銀行から発売されるようです。「自然災害時返済一部免除特約付住宅ローン(残高保障型)」という住宅ローンです。

この住宅ローンでは、津波、噴火、地震の被害で全壊した場合に、住宅ローン残高の5割相当が免除されるようです。万が一のときに二重ローンを抱えないで済むことになると言う意味では、便利な制度と言えそうです。

ちなみに、もう少し正確に言うと、一般の住宅ローンにこの特約を付けるという形になるようですね。手数料として、金利が年利で0.5%プラスされます。

条件が厳しくないか?

とまあ、ここまでは好意的にご紹介してきました。何となく良さそうな住宅ローンの特約と言う印象を持ったのではないでしょうか。

でも、冷静に考えてみると、このローンって微妙ですよね。まず気になるのが、条件の厳しさです。全壊しないと駄目なんですよね。

例えば東日本大震災の場合、全壊の戸数はどのくらい合ったのかというと、12万6631戸だったそうです。一方、半壊は27万2653戸で一部破損は74万3492戸だったようです。1

つまり、被害を受けた住宅の多くは、全壊までいたっていないわけです。被害にあったにも関わらず、全壊でないと判断され、ローン免除が受けられない可能性も大きいわけです。

そう考えると、この特約を受けられる可能性はかなり小さいことがわかります。

地震と津波だけってのはねえ

もう一つ気になるのが、補償範囲の狭さです。噴火、地震、津波のケースしか補償されないんですよね。つまり、それ以外の自然災害では、全く関係ないのです。

地震関連以外の自然災害の場合は、火災保険が適用できることが多いです。火災保険が使えるから、こっちは良いかという話なのでしょうけどね。

このでも、この特約が使えるケースは、ほとんど無さそうな気がします。

手数料が高い

もちろん、手数料が補償内容に見合っていれば、補償が小さくても納得は出来ます。費用対効果が合理的な水準なら良いわけですね。でも、費用対効果の点から考えても、合理的じゃないような気がするのです。

今回の手数料として、ローン金利に0.5%が高くなるということです。ということは、例えば2,000万円のローンを組んでいた場合、年間10万円の手数料がかかると言うことです。

これだけ補償が小さいのに、ここまで手数料が高いとなると、やっぱり考えてしまいますよね。というか、私だったら利用したくありません。

頭金を大きくしておけば、この特約は不要

はっきり言って、この商品は使いたくありません。でも、津波や地震が怖いのなら、利用せざるをえないのでしょうか。

実は、この商品を使わなくても、津波や地震に対処する方法があります。具体的には、頭金の割合を大きくしておけば良いのです。

例えば、頭金3割で住宅ローンが7割で新築住宅を購入したとします。購入直後に家屋が全壊した場合、住宅の価値の5割は地震保険の保険金が得られます。ということは、ローンが残るのは全体の2割分と言うことになります。

住宅価格が2,000万円として考えると、頭金が600万円で1,400万円のローンを組んだと言うことですよね。そして、購入直後に全壊すると、地震保険で1,000万円の保険金が受け取れます。となると、残る住宅ローンは400万円ということになります。

住宅ローンの残高は時間とともに減っていきますから、この400万円がマックスということになります。マックスで400万円くらいの負債なら、その後十分に対処できると思いませんか。

これが、頭金ゼロで住宅を買ったとなると、話はぜんぜん違います。1,000万円の負債を抱えることになってしまいますからね。住宅という資産がなくなった上に、これだけの負債を抱えることになったら、流石にきついですよね。

大雑把な説明ですが、頭金の割合が小さいと万が一の時に大変だと言うのは理解して頂けたでしょう。こういうリスクを減らすためにも、ある程度の頭金は必要だと考えておきましょう。

日本で不動産を持つのはリスクが大きい

自然災害が多い日本では、不動産と言う資産を持つこと自体がリスクです。しかも、建替えサイクルが短いので、建物自体は資産価値があまりありません。そう考えると、賃貸にした方が良いのではないかとは思いますよね。

もちろん、未だに持ち家信仰や新築信仰みたいなものがあり、身内からプレッシャーを受けることもあるのでしょうけどね。その呪縛から離れても良いのかなあとは思います。

思想信条にも関わる部分ですので、無理にとは言いませんけど。


  1. 数字はウィキペディアから引用しています。 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ