このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ビットコインって何だ?一般の人にはメリットが無さそうなんだけど

ビットコインが話題になっているので、その仕組みと問題の中身をちょっと調べてみました。

端折って結論から書いてしまうと、「発行体の信頼が無いのに、簡単にお金を出す人の気が知れない」と言うのが、私個人の率直な感想でした。

自国通貨が安定しない途上国の人が利用するのなら、話はまだ分かります。でも、先進国の人たちが何で好き好んで使うかという事に関しては、完全に謎です。

なぜそんなふうに思ったのか、まずは易しい所からみていきましょう。

電子マネーみたいなものだって事は分かる

Mt.Gox という取引所のビットコインが、取引できない状態になっているようです。1 取引の再開の目処は全く経っていないようで、お金が戻ってこない可能性を指摘するメディアもあります。

さて、最初に問題になるのが、「ビットコインって何?」と言う話です。「コイン」という名前がついているから、電子マネー的なものであるのは想像がつきますよね。

ただ、今回の事件がある以前からもビットコイン自体は報道が過熱していました。どうも、ただの電子マネーでは無いようです。普通の電子マネーと何が違うのでしょうか。

既存の通貨との間で価値が固定されていない

ビットコインが一般の電子マネーと大きく違うのは、どの通貨とも価値が固定されえていないという点でしょう。

一般の電子マネーは、当然ですが、既存の通貨と価値が固定されています。例えば、Suica で1万円分チャージしたら、1万円分使えますよね。ということは、Suika と言う電子マネーは、日本円というものの存在を前提にして出来ているわけです。

これは私達にとって、当たり前の事です。しかし、ビットコインの場合は、必ずしもそうならないのです。

ビットコインの場合、外国為替と同じように、為替レートが時間とともに変動するのです。ですから、ビットコインに替えたタイミングとお金を使うタイミングで、同じ1通貨単位でも、日本円で見ると価値が違うということですね。

要するに、日本円を米ドルとかユーロに替えて、その外貨で買い物するのと同じ感覚なのです。

メリットは何だ?

上の説明で分かるように、ビットコインと言うのは、ドルでも円でもユーロでもない通貨が出来たイメージですよね。でも、そんな通貨がある意味って何なのでしょうか。既存の通貨よりもメリットが無ければ、誰も使おうとは思いません。

一つのメリットは、投機に利用できるという点です。新しい通貨だと思ったら、為替差益狙いの取引があるのは、当然考えられます。

この他にも、手数料の安さも魅力の一つのようです。ビットコインを使うと、クレジットカード決済よりも、手数料が安いようですね。利用者には直接関係は無いですが、お店の側としては導入したくなることもあるでしょう。

さらに、経済的に不安定な国の人には、ビットコインが便利な可能性があります。自国通貨をビットコインに替えておくことで、過度なインフレから逃れることも出来るのです。

自国通貨が不安定だから、米ドルに替えるというような話はこれまでもありましたよね。それと同じことです。まあ、ビットコインが米ドルよりも安定しているのかと言われると疑問ですけど。

以上はプラスの側面ですが、マイナスの側面もあります。例えば、資金洗浄などの目的で使うことも出来るようです。犯罪に使われるリスクもあるということですね。ビットコインはリアルの通貨よりも足がつきにくいので、こうしたことをするのに便利なのだとか。

発行体が信用で気無いのに、通過なんて成立するの?

さて、ここでどうしても疑問に思うのが、「国家などによる裏づけが無い通貨は通貨として成立するのか?」という点です。

お金なんて、所詮はただの紙切れです。ただの紙切れであるお金を使って買い物が出来るのは、国家が価値を担保しているからですよね。

でもビットコインには、価値の裏づけになるものが無さそうです。何でそんなお金を信頼できるのかと言う疑問があるわけです。

これに対する答えは、ザット調べた範囲では分かりませんでした。でも、少なくとも、何か信頼できる後ろ盾があるわけでも無さそうです。利用している人々は、何を信じているのでしょう。

今回の件で価値が下落

ちなみに今回の事件で、ビットコインの価値は大幅に下落しているようです。問題を起こしたMt.Gox の価値が下がるのはもちろんですが、他のビットコインも大きく値を下げているようですね。

通貨の信頼性が大きく揺らいだから、当然と言えば当然ですよね。ビットコインにはリスクがあると、改めて認識した人も少なくないでしょう。

Mt.Gox の場合、最終的にどうなるかは分かりませんが、他の通貨と交換できなくなったとか決済できなくなったと言った弊害は実際に起こっています。こういったことは、通貨としての本質的な欠陥です。かなりの発展途上国並みって事ですからね。信頼なんてあるはずがありません。

でもこんなことは、最初からある程度予想が出来たことです。必ずそうなるとは言わないまでも、確率的にはあってもおかしくない話です。それを分かった上で、結構な大金を入れていた人もいるんですよね。

後ろめたい目的の人は別にして、健全に利用しようと思っていた人たちは、何を期待したのでしょうか。あるいは、何を信頼したのでしょうか。ちょっと知りたいものですね。被害者の分布とかと一緒に。

追記

中国の北京にあるVircurex という取引所もトラブルを抱えているようです。このまま行くと破綻の可能性もありそうですね。2

ちなみに、この取引所はマウントゴックスと比べると相当規模は小さいようです。また、取引停止に至ったのは、クラッキングが原因とのことです。この点は、マウントゴックスと似ていますね。


  1. ビットコインのMt.Gox、取引停止続く―サイトは再開(ウォール・ストリート・ジャーナル)2014年2月26日 []
  2. 北京のビットコイン取引所が取引停止| 世界中に小さい取引所はたくさんあるのか? []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ