このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

AKB48のビジネスモデルも行き詰まり?恒例の失速ニュース

最近、立て続けにAKB48が失速しているというニュースを目にしました。

この手の記事は過去に何度も見かけています。今回はどうなのでしょうか。

CM本数が減少

一つは、CM本数が減っていると言うものです。具体的には、次のニュースですね。

■ AKBの人気、峠を越えたのか CM起用社数2ケタ減に危惧の声(J-CASTニュース)
2013年12月11日

「2013タレントCM起用社数ランキング」というランキングが発表されたのを受けての記事です。年末らしい記事と言えば、年末らしい記事ですね。

CM本数としてはかなりの数の契約があるのですが、大きく減っているのも事実です。転換点を迎えたのではないかと言うことなのでしょう。

CDの販売枚数が減少

もう一つが、CDの販売枚数が減ったと言う次の記事です。

AKB、発売初日ミリオンならず「鈴懸‐」惜しくも91・7万枚
デイリースポーツ

2013年12月12日

過去3作連続で「発売初日ミリオン」なのだったそうです。その記録が途切れたと言うことですね。

AKB48のビジネスモデルでは、CD販売はファン数とファンの熱意のバロメーターと言えるでしょう。それが過去3作に比べて落ち込んだと言うのは、何かの変化の表れと言えるかもしれません。

まあ、枚数としては十分に多いのでしょうけどね。

何かサプライズを起こすのがよくあるパターン

これまでのAKB48は、失速がささやかれるとサプライズを起こして乗り切ってきた印象があります。今回も何かサプライズを起こすのでしょうか。

でも、サプライズもそろそろネタ切れな気もしますよね。ちょっとやそっともサプライズでは、関心を繋ぎ止めれないような気もします。

ネットでは良くない噂も多いですからね。起死回生のサプライズが起こせますかどうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ