このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

大学に合格して最初にするのは、マンションの購入でしょう

お子さんが地元以外の大学に進学することになったら、何かと準備が大変なことでしょう。特に金銭的な部分では、地元に進学する場合に比べて、負担も小さくありません。

金銭的な負担で特に大変なのが、アパートやマンションの家賃です。一人暮らしの学生だと、生活費の中に占める家賃の割合はかなり大きくなります。仕方がない出費だとは言え、毎月何万円もアパートの家賃で消えていくのはもったいないですよね。

家賃としてみすみす毎月何万円も使うのがもったいないと考えるのなら、、考えるべきはワンルームマンションの購入でしょう。一人暮らしの大学生のケースだと、賃貸よりもマンションを購入してしまう方が、結果的にかなり有利な気がするのです。

もちろんマンション購入は、それなりの金銭的な余裕が無いと出来ません。ですから、誰もが取りうる方法だとは思いませんけどね。

数字を入れてざっくりと考えてみましょう

都内で一人暮らしをするとなると、月々の家賃は大体7万円前後でしょうか。また、23区内で中古のワンルームマンションを購入した場合700万円あれば見つかる可能性も大きいでしょう。

都内の場合は敷金礼金が家賃の2か月分と言うことが多いです。また、2年で1か月分の更新料と言うのが発生します。これらを考慮すると、賃貸住宅の家賃の総額は、371万円になります。

ということは、子供が大学に在学している期間に、中古マンションの購入費用の半額くらいの家賃を払うことになるのです。これだったら、マンションを購入してしまった方が得だとは思いませんか?

子供が大学卒業後に東京に残るのなら、トータルで考えるとさらに有利ですよね。そのままあと4年住み続ければ、元を取れてしまう計算です。あるいは、兄弟がいる場合は、弟なり妹が住むことも可能です。

仮に子供が卒業後にマンションを引き払う場合でも、あと数年賃貸に出せば、マンションの購入費用は回収できるのです。

ちなみに、その気になって探せば、ワンルームマンションは700万円よりも安く買える可能性も十分にあります。お子さんが地元以外の大学への進学を考えている場合は、十分に検討してみる価値があるのではないでしょうか。

もちろん、現実はここまで甘くない

もちろん、上に書いたような話は、かなり甘い見積もりです。

実際には、マンションに住む場合は、管理費とか修繕積立金のようなものを取られます。また立地が悪ければ、次の借り手を見つけるのも難しいでしょう。

ただ、こうしたデメリットがあっても、やっぱり購入した方がプラスだとは思うんですよね。というのも、700万円で買ったマンションの資産価値は、4年ぐらいではそれほど下がらないと予想されるからです。

子供の大学卒業後に、ちょっと値下がりしたとして600万円くらいで売れたとします。こんな場合でも、賃貸の場合よりもプラスですよね。税金やら仲介業者への費用を払っても、まだかなり有利だと思います。

実際に購入するとなれば、もっと厳密なシミュレーションが必要ですけどね。検討してみる価値はあると思いますよ。

少なくとも、4年間の家賃だけで400万円近く無駄にするよりは、余程良い選択だとおもうのです。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ