このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

FPによる無料相談は何か裏があると考える方が自然

ファイナンシャル・プランナーを名乗る人が、時々無料の相談を受け付けている事があります。でも、世の中に無料で専門家がサービスを提供するなんてことは、あるはずがありません。どこかでお金が発生しているはずです。

地方自治体がやっている相談会のようなものなら、お金の出所ははっきりしています。でも、それ以外の場合には、何らかの方法であなたから最終的にお金を取る気なのかもしれません。

この手の無料サービスを全否定する気もありませんが、ある程度の注意は必要でしょう。

無料の相談は営業です

ファイナンシャル・プランナーの中には、無料の相談サービスを行っている人もいるようです。

無料と聞くと、お得な感じはしますよね。でも同時に、胡散臭くもあります。タダより高いものはないなんて言いますしね。

ファイナンシャル・プランナーを名乗って商売をしている以上、ある程度の勉強はしているはずです。士業は俗人的なところがあるので、人によって知識の量は全然違います。ただ、最低限の知識を身につけるだけでも、それなりの時間とコストを掛けて学んでいます。

そんな人に相談に乗ってもらっているのに、お金がかからないのです。常識的に考えれば、そんな都合のいい話があるわけありませんよね。有りうるとすれば、自治体などが主催する相談会くらいでしょう。この場合は自治体からお金が払われていますからね。無料の理由は明確です。

普通に考えれば、どんなに安く見積もっても、一時間の相談で5,000円以上の料金が発生するはずです。そうでなければ、相談に乗っている人も生きていけませんからね。

それにもかかわらず、無料で相談を受けているわけです。そんな上手い話は、あるはずがありません。はっきり言って、無料の相談は、ただの営業の一環です。

保険無料相談を例に考えて見ましょう

この手の無料相談の分かりやすい、例が生命保険の相談でしょう。ネットを見ていると、FPによる無料相談なんていう広告を出している所もありますよね。

こんな場合は、ファイナンシャル・プランナーによる無料相談というのは、もちろんただの客引きです。最終的な目的は、あなたに保険を販売する事です。要するに、保険代理店による営業活動の一環ですね。

しかも、ファイナンシャル・プランナー自身が営業スタッフと言うことも多いです。これで保険の営業をされないと思っていたら、お人よしもいいところです。

ここまでは、常識を働かせば、分かることでしょう。

営業活動と分かった上で相談をするのは良いことなのか?

さて、生命保険の無料相談が営業活動だと分かった上で、無料相談を依頼するのは意味があるのでしょうか?

この場合、もっとも問題になるのは、ファイナンシャル・プランナーとあなたの利害が一致しない事でしょう。

生命保険の無料相談を希望する人は、次のようなことを聞きたいはずです。

・ 今、生命保険に入る必要があるのか
・ 今入っている生命保険で良いのか
・ 今払っている保険料を減らす方法は無いか

これに対して、ファイナンシャル・プランナーの最終的な目標は、生命保険の販売です。極端な話、今入っている保険を全て解約させて、自分が勧める保険に入れるのが一番メリットがあるのです。

そんな人が上のような疑問に対して、中立的なアドバイスが出来るでしょうか。常識的に考えれば、答えは「ノー」ですよね。

一つ例を挙げてみましょう。

例えば、あなたが保険に入る必要性について、ファイナンシャル・プランナーに相談をしたとします。家族構成や預貯金、収入などの状況を一通り聞いた結果、あなたは特に保険に入る必要が無かったとしましょう。

こんなケースで、「今は保険に入る必要がありません」なんてファイナンシャル・プランナーが言うでしょうか。

無料相談に来る人を集めるには、それなりのお金がかかっています。お金を掛けて人を集めて、セールスもしないで返したのでは商売にならないですよね。

おそらく、保険に入る必要が無いケースでも、何だかんだと理由をつけて保険を売ろうとするはずです。例えば独身の人だったら、次のようなセールストークをするかもしれません。

「あなたにもしものことがあったらご両親に迷惑がかかります。そんなときのために葬儀費用だけでも終身保険だけで用意しておきませんか?」

彼らもプロですから、どんな状況でも勧められる生命保険というのはあるのです。私達にとっては、本当に必要性があって勧められているのか、無理やり何かを売りつけられているのか、判断がつきにくいわけです。

ファイナンシャル・プランナーによる無料相談が疑わしい例をもう一つ

ファイナンシャル・プランナーによる無料相談が問題なのは、生命保険に限った話ではありません。違う分野の例をもう一つ紹介しましょう。質問サイトで相談していた事例です。

ある人が住宅の購入を検討していました。不動産屋から提案された物件は気に入ったのですが、予算的にオーバーしています。その額だとローン返済に行き詰まるのではないかと、不安を感じました。

その不安を不動産屋に伝えると、ファイナンシャル・プランナーに無料で相談できるから試してみるように提案されました。実際に相談してみると、ファイナンシャル・プランナーは返済に全く問題は無いということを力説したのだそうです。

この場合、相談をした方の収入も返済額も年齢もわかりません。ですから、ファイナンシャル・プランナーの説明が適切だった可能性も否定はしません。

それでも、限りなく胡散臭いですよね。このファイナンシャル・プランナーにお金を出しているのは、不動産を売りたい側です。そうであれば、ファイナンシャル・プランナーが誰にとって有利な説明をするかは明らかです。

注意が必要です

ファイナンシャル・プランナーによる無料相談が、必ずしも悪いとは言いません。でも無料相談の時には、何かしらバイアスがかかっているはずです。そのことは絶対に理解しておくべきでしょう。

そして、相談に乗ってもらう時には、全てを信頼しないことが大事です。時間的に余裕があるのなら、他の無料相談を利用して、比較検討してみるというような慎重さも必要でしょう。あるいは可能であれば、自分でお金を出して別のファイナンシャル・プランナーに聞いてみるのも良いかもしれませんね。

専門家の知見が得られると言う意味では、ファイナンシャル・プランナーの無料相談も悪くないのですけどね。ちょっと怖い点があるのも事実です。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ