このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

楽天銀行が海外送金サービスの取扱を開始| 750円の手数料は激安ですね

楽天銀行が海外送金のサービスを始めるのだそうです。時事通信の記事によると、個人輸入をしている人の利用を念頭においているようですね。1

気になるのは手数料ですが、メガバンクなどと比べて驚くほど安く設定されているようです。具体的に書くと、一回の送金で個人口座だと750円、個人ビジネス口座だと1,000円という低価格です。

ちなみに、参考のために三井住友銀行のケースをチェックしてみましたが、三井住友銀行だと3,500円の手数料がかかるようですね。システムが複雑なので、これを比較対象として良いものかどうか、ちょっと迷いますが。

なんにしても、メガバンクと比べると、圧倒的に安いのは間違いないようです。個人輸入に限らず海外送金をする機会がある人は、楽天銀行を選択肢に入れても良いでしょう。

カード決済の方が圧倒的に有利だけどね

ただ、個人的には、このサービスの利用者はどの程度増えるのか疑問もあります。一般的な個人輸入だと、カード決済で対応可能ということも多いと考えられるからです。

平均的な日本人がVISA やらMaster やらの主要なカードが使えないショップから買い物をするって、機会としてはそれほど無いですよね。私自身も海外通販の経験は何度かありますが、送金をしたのは1度か2度だと思います。衣料品やDVD、書籍などはカード決済が可能でしたから。

今回のサービスは、マニアックなケースの受け皿になる事を狙っているのでしょうね。でも、そんな需要がそれほどあるかどうかは、よくわかりません。

海外通販を利用するとなると、薬品や衣料品あたりが中心のように思います。それなりの規模の会社なら、これらのショップでカード対応をしていないところを探すのが難しいですよね。

マニアックな商品だと、カード対応していないショップもあるのかなあ。でも、それだけで十分な市場があるのかどうか。

もちろん、市場調査の上でサービスを開始してはいるのでしょうけどね。感覚的にはよくわからない部分があります。

個人事業主用の口座の仕入れも見込んでいるのでしょうね

今回のサービスは個人事業主用の口座も対象にしています。ということは、ネットショップなどの仕入れのために海外送金が必要な人を取り込みたいのでしょうか。

こちらの方が個人の売買よりは理解しやすいかもしれません。ショップの仕入れとしてなら、個人として買うよりは変わったものを買うことがありそうです。

まあ、何にしてもお得な手数料体系だと思います。必要がある人は使ってみてください。

  1. ■ 楽天銀、個人向け海外送金サービスを開始=個人輸入などの需要取り込み(事通信) []

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ