このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

通貨スワップ一部終了のに関する不思議| 韓国人の理屈ってよくわからないなあ

日韓の通貨スワップに関して、一部の終了が決まったようです。7月3日に期限が切れるのですが、それを延長しないことが発表されました。

まあ、通貨スワップに関しては、メインの部分は残っています。100億ドルかな。ですから、今回の終了の決定が、直ちに何かを引き起こすということも無いでしょう。

日韓通貨スワップ、来月縮小で合意 30億ドル分(サンケイビズ)

韓国メディアの反応が興味深い

ちなみに、今回の通貨スワップの延長の見送りは、韓国から延長の要請が無かったことによるものなのだそうです。必要ないというのですから、終了は当然でしょう。こちらから無理にお願いして続けるのも変な話ですからね。

ただ、韓国メディアの反応は、だいぶ違ったもののようです。具体的には、次のような記事を見つけました。

また日本側は、通貨スワップを政治目的に利用しようとしたというのが韓国政府の見方であり、日本政府は機会あるごとに「韓国の要請がない限り、延長しない」と韓国の自尊心を逆なでした。これは日本政府が現政権の支持率を高めるための手段でもあったと分析。

日本との通貨スワップ延長せず「経済的な実益がないため」=韓国(サーチナ)

彼らが言うには、韓国の要請が無ければ延長しないという、日本側の言い方が気に食わないというのです。これが政治利用だと。日本側が気を利かせて、「いざというときに使ってください」と契約書を差し出せといいたいのでしょうね。

流石にこれは、ちょっと無理があるように思いませんか?日本としては助けてあげる立場です。それなのに、助けられる韓国のプライドにまで気を使えといわれているのですから。

そもそも、今回終了することになった30億ドル分の通貨スワップについて、日本は感謝されても良い立場のはずですよね。通貨スワップというのは、外貨準備が足りない韓国にとっては万が一の時の保険的なものなのですから。「これまでありがとうございます」というのが、日本人的な対応でしょう。

それなのに、日本から延長を申し出ないのは、けしからんとでも言いたいのかなあ。だったら最初から、自分で何とかしろよと思ってしまいます。

外国人とのコミュニケーションを、日本人同士と同じ基準で考えてはいけないのは理解しています。それにしても、ちょっとよくわからない主張ですね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ