このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

富士山の世界遺産の登録は良いことなのかなあ?

富士山が世界遺産に登録されることが正式に決まったそうです。日本の象徴的な山ですから、世界遺産として認められるのは、喜ばしいことだと思います。

ただその一方で、世界遺産として認められることに何かメリットがあるのか疑問に思わないでもありません。個人的に特に気になるのは、経済的なメリットです。何か経済的なメリットはあるのでしょうか?

世界遺産になる以前から登山者は多い

世界遺産になる経済的なメリットで、一番考えられるのは、観光客の増加ですよね。富士山は日本一の標高を誇る山ですから、登山客は増えそうに思います。

でも、冷静に考えれみると、富士山の場合はそれほど登山客が増えるのでしょうか?ちょっと疑問なんですよね。

そもそも富士山に関しては、登山者が多すぎるという話が以前からありました。世界遺産になったからと言って、これ以上登山者数を増やせるとは思いません。増やせるにしても限界はあるでしょう。

登山者数の規制をするために、今よりも余計にコストがかかるなんてこともありそうですよね。それとも、入山料を取ったりして、制限をするのでしょうか。

周辺の観光地にはプラスなのかな

周辺地域に関しては、プラスになるかもしれません。周辺地域なら、観光客の受け入れも可能でしょうしね。

ネットニュースなどによると、早速周辺地域に来る人の数は増えたのだそうです。いつまでブームが続くか分かりませんが、それなりに効果はありそうです。

世界遺産の富士山見たい! 決定から一夜、GW並み人出(朝日新聞デジタル)

もともと、富士山周辺の地域は交通の便が良い地域ですからね。静岡県側なら、新幹線で東京から簡単にいけますし、幹線道路も走っています。観光客はかなり集まるかもしれませんね。

まあ、これから、しばらく注目して見てみましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ