このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株価が下がって日銀に文句を言うって筋違いだよね| もっと言うと、朝日新聞の記事からは悪意しか感じない

日銀の金融政策決定会合の翌日、株価は大きく下落しました。市場の思惑通りの行動を取らなかった事が原因だとか。

このことをうけ、日銀に対して強く非難する人もいるようです。新聞記事などでも、かなり強い批判を書いているところもあるようですね。

短期の株価で日銀批判っておかしな話だよね

でもこの手の批判って、筋違いだと思いませんか?

日銀にとって、短期間で株価がどうなるかなんてたいした話ではありません。もっというと、知った事ではないとすら言えるかもしれません。

金利の上昇を抑えつつ、2%のインフレを目指すと言うのが日銀の方針ですからね。なぜ短期的な株価の事で日銀に批判的になるのか、理解に苦しみます。

そもそも株価は、安倍内閣の発足以降は右肩上がりで上がっていました。そのときには一部マスコミはバブルだバブルだと騒いでいましたよね。

調整があって株価が下がったら、今度はアベノミクスの失敗だと言い出すのです。結局、どうなっても非難したいのでしょう。

そもそも安倍内閣発足時と比べたら、未だに株価はかなり高い状態なんですよね。何でこれで批判されるのか、ちょっと理解に苦しみます。

長期金利に関する朝日新聞の記事に関しては、もう滅茶苦茶

ちなみに、政策決定会合を受けて、長期金利に関する批判記事も書かれています。率直に言って、これが酷いものでした。

長期金利、0.9%に一時上昇 日銀政策に失望が背景(朝日新聞デジタル)

政策決定会合の影響で、一時的に長期金利が0.9%まで上がったという朝日新聞の記事です。この記事の中で、次のような懸念を示しています。

金利が再び上昇し始めれば、住宅ローン金利などがさらに上がりかねない。

また、次のような表現で、金利上昇したことを伝えています。

債券市場では「市場は、金利抑制策を期待していた。日銀が『ゼロ回答』だったことに投資家は驚いた」(大手証券)といい、12日も国債が売られた。長期金利の指標の満期10年物国債の利回りは、一時、前日の終値より0・020%幅高い0・900%まで上昇。

大手証券の社員が驚いて、金利が上がって、住宅ローンが心配なのです。これだけ読むと、何か大変な事でも起こりそうですよね。少なくとも、そういう印象を与えたがっている感じは強く伝わります。

でも長期金利に関しては、何一つ大変な事など起こっていないのです。まず、一時的に0.9%をつけるのは、2週間ぶりなのだそうです。つまり、ちょっと前にこのぐらいの水準だった時期があるわけです。何も大騒ぎする事はありません。

さらに、この日の終値は、前日よりも0.01ポイント下がっています。つまり、長期金利は前日よりも低くなっているのです。

終値で前日よりも下げているのに、「住宅ローン金利」を心配しているのです。どう考えても合理的な話ではないですよね。住宅ローン金利が下がるのがけしからんとでも書きたいのでしょうか?

結局、最初から悪く書いてやろうと思って書いているとしか思えません。それ以外の意図があるのだとしたら、教えて欲しいものです。

朝日新聞が安倍政権が嫌いなのは知っていますけど

朝日新聞が安倍政権を嫌いなのはしっています。でもこんな事ばかり書いていると、メディアとしての信頼を失いそうですよね。

政策に批判的なことを書くのなら、せめて金利が上がった時にしたらいかがでしょうか。あるいは、もっと本質的なところで議論するとかしないといけませんよね。

これを読んだら、無理やり難癖をつけているだけにしか見えません。東スポがユーフォー記事を書くのと同じようなものに感じます。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ