このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

長期金利にあわせて住宅ローン金利を上げる銀行はけしからんのか?| 今までの値下げ競争を無視してのバッシングはみっともないと思うんですけどね

長期金利の上昇を受けて、大手銀行が住宅ローンの金利を0.2%程度引き上げるようです。まあ、長期金利が上がったから、ローン金利が上がるのは当然ですよね。基本的には連動させているでしょうから。1

ところで、この記事に関して、いくつか面白い点がありました。ちょっとご紹介したいと思います。

変動型は据え置き

時事通信によると、今回のローン金利引き上げは、固定金利の商品に限られるようです。変動型の金利は据え置くのだとか。

これって、ちょっと裏があるように思いませんか?

固定型の金利を上げて変動型の金利を据え置いたということは、変動型の方が借りやすくなったということです。銀行としては、変動型で借りて欲しいという意思表示とも読めますよね。単純に短期金利が上がっていないので、変動型は据え置きということかも知れませんが。

時事通信は安倍政権が嫌いなのかな?

次に思ったのが、時事通信は安倍政権を嫌いなのかもしれないという仮説です。住宅ローンアップの記事の中に、次のような記述がありました。

安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の第1の矢となった日銀の新金融緩和は、円安・株高を演出している。ただ、その一方で、国債市場は落ち着かず、庶民の一生の買い物を支える住宅ローンがあおりを受けている形だ。

庶民があおりを受けているという表現は、インフレ政策などに反対するときの常套句です。結構強い言葉を使って批判している感じがします。

でも、本当に長期金利が上がっているかというと、必ずしもそうとはいえません。一番低い時期に比べると確かに上がりましたが、過去1年で見てそれほど上昇しているという事実はありません。さらに言うと、過去10年で見るとまだまだかなり低い水準です。

これで庶民の暮らし云々を言うのは、ちょっと違和感を感じます。もっと金利が上がったら、そういう批判も分からなくは無いですけどね。

庶民いじめという記述を、記事の中に入れたかったのでしょうか。

Yahoo!ニュースのコメント欄

Yahoo!ニュースのコメント欄では、早速、住宅ローン金利の上昇に対する反発コメントがありました。

こういうことだけ、手っ取り早く動きやがるんだよな

こう言う時の銀行のフットワークの軽さに腹が立つ!他の業務は超牛歩戦術なのに

この2つのコメントが、支持の上位2つです。でも、頓珍漢なコメントにしか思えないんですよね。というのも、銀行は住宅ローンの貸し出しを増やそうと、相当なところまでローン金利を下げてきていたからです。

他が下げるから自分たちも下げるという、チキンレースのような状況ですらありました。個人的には、こんなに下げて大丈夫かと思うくらいです。

これまでそんな営業努力をしていたのに、長期金利の上昇に合わせてローン金利を少し上げただけでバッシングされてしまうのです。無知な人を相手にするのって、大変なことだと思います。

率直に言って、個人的にはメガバンクはあまり好きではありません。殿様商売をやっている印象がありますから。でも、事実を知らないのにノリだけでバッシングする人はさらに不愉快です。

  1. ■ 3大銀、住宅ローン金利引き上げへ=0.2%程度―2カ月連続(時事通信) []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ