このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

1円刻みの運賃って鉄道会社に良いことが何かあるのだろうか?| 公平間が増す分、消費者には良いことだと思うけどね

2014年4月に予定されている消費税アップを機に、1円刻みの鉄道運賃が導入されるかもしれません。いくつかの鉄道会社では、検討を始めているようです。

ただこれは首都圏に限った話みたいですね。それ以外の地域では現状の方法を維持する方針みたいです。1

ちなみに券売機を使った場合は、運賃は従来どおりの10円単位のままのようです。1円運賃はICカードのみの対応ということになるわけですね。

ということは、ICカードを使うか現金で切符を買うかで、料金が違うことになるわけです。このあたりは気にする人がいるかもしれませんね。対応の仕方によっては、数十円料金が違うこともありえますから。(後述)

鉄道会社にメリットはあるのかなあ?

さて、1円運賃を導入する鉄道会社のメリットって何なのでしょうか?

現状の計算方法だと、○kmまでは△円という形で料金表を作っていると事が多いはずです。1円単位にしたら、その区分が細かくなるだけの話ですよね。

ということは、特に増収になる要因ではなさそうですね。率直に言って、鉄道会社への直接的なメリットはよくわかりません。

顧客にとっては納得できる部分も大きそうだ

一方、利用者側にとっては、公平間が増す分ような気がします。

現在の10円刻みの料金だと、一つ長い区間に乗っても料金が変わらないことが多いです。しかし、1円刻みになれば、料金の差が出てくるということですよね。

細かい話ですが、これは公平な感じがします。まあ、この程度の不公平は、解消されなくても何の問題も感じませんけどね。

一つの区間の差で、大きく値段が違うということがなくなるというのも、メリットでしょうね。

現在の料金体系だと、1区間余分に乗っただけで、100円近く運賃が上がることもあります。例えば、JR東日本の都内の料金の場合、290円の次が380円です。1区間の違いで急激に高くなっている感じがするんですよね。

1円単位で細かく設定できれば、こういう極端な値上がりが無くなるります。これは良いことでしょうね。

1円単位運賃が導入されたら、おそらく、こちらの公平間の方が大きいのかな。往復で200円近く違うと、多少は気になりますからね。

ただ、券売機を使う人との間には、不公平感が生まれそうですね。消費税導入後の券売機の料金体系がどうなるかにも寄りますけど。

これを機に、券売機の方ももう少し細かい設定にしてくれたら、不公平間はそんなに出ない気がします。やっぱり近距離の切符で、1駅で100円近く値段が上がるのはちょっと嫌なものです。

そもそも10円刻みじゃないんだよね

新聞各紙では、現在の鉄道料金は10円刻みと書かれています。でも実際は上に書いたように、数十円の幅で料金は設定されています。ある程度距離が伸びると、100円弱くらいの単位で料金が上がっていきます。鉄道料金が10円ずつ上がっていくなんて、通常は考え難いのです。

個人的には、この現在の料金体系の方の方が疑問を感じます。一駅の差で往復で180円も差があると、やっぱり多少気になります。週に2回継続的に利用するとすれば、1ヶ月で1,440の差になりますからね。

券売機を使った場合にこの体系が維持されるのなら、不満も大きそうな気もします。本当に距離に応じて10円刻みの料金体系に細かく対応できるのなら、不満もほとんど無いのでしょうけどね。

技術的にはそれほど難しくないはずなので、出来れば導入して頂きたいものです。というか、今まで何故放置されていたのかが疑問です。それほど難しい作業じゃないと思うのですけど。

  1. ■ 「1円刻み運賃」に温度差 首都圏と他地域、IC普及で不公平感も(SankeiBiz) []

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ