このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

雑誌の株特集は「上げ相場を楽しむ娯楽」って| まあ、その通りだとは思いますけどね

ダイヤモンドのネット版の記事に、雑誌の株特集は有用なのかどうかに関するコラムが載っていました。山崎元の文章ですね。

最近の上昇相場を見て、雑誌を参考にしてみようと考える人も多いでしょう。そういう人は、どこまで雑誌を信頼して良いのかを知るためにも、目を通しておくことをおすすめします。

雑誌の株特集の問題点が延々と

この記事は、経済記事にコメンを求められる筆者の立場から書かれている記事です。普段知れない裏側を知ることが出来る、興味深いです。かなりぶっちゃけて書かれています。

例えば雑誌の場合、取材から発行までに時間がかかります。ですから、記事になっているころには意味のない情報になっているなんていうことが書いてあるのです。

あるいは、雑誌には編集方針があって、いわゆる識者はその方針にのっとったコメントを期待されるなんてことも書かれています。

何にしてもこれってすごいことですよね。経済評論家として仕事をしているのに、取材している雑誌の記事にあまり意味が無いと書いているのです。なかなか出来ないことですよね。

ちなみに、この記事の最後が秀逸でした。

雑誌の株特集記事については、投資のための情報を探して読むのではなく、上げ相場を楽しむ娯楽として読むのがいいと結論しておこう。

娯楽って!

言っていることは分からなくはないですけどね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ