このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

継続的なイノベーションって大事だよね| 志村けんのコントが驚くほどつまらなかったよ

先日、深夜にやっている志村けんのコント番組をたまたま見ました。蕎麦屋で出されたそばが美味くて絶賛したら、実際はカップそばだったというストーリーでした。

率直に言っいますと、ビックリするほどつまらなかったです。10分程度のコントで、1回も面白いと思う箇所が無かったんだから、ある意味驚きです。

昔と同じ事をするのがマンネリなのか?

つまらないのもそうですけど、古臭くて見ていられなかったというのもあります。このパターンって、30年以上前から使われているパターンですからね。「手垢がついた」という表現でも生ぬるいでしょう。

笑点みたいなマンネリの面白さというのも、あるのだとは思います。お約束的笑いというのが存在するのは分かるんです。でもこの番組には、それすら感じられないんでよね。

マンネリと呼ばれるものでも、おそらく、少しずつ新しいものを取り入れているのでしょう。でもこのコントでは、それすら感じられなかったのです。おそらく、そのあたりに原因があるのでしょう。

何でこんなものが放送されるのだろうか?

こんな陳腐なものしか作れないって、ある意味すごいです。制作の責任者も、よくこの内容でゴーサインを出したものだと思います。それとも、志村けんだから、否定できなかったのかな。

何にしても、こんな酷いものを作っていたら、フジテレビが視聴率を取れないのも不思議ではありませんね。

ちなみに、実は過去にも1回この番組をチラ見しています。そのときも同様の感想を持ったので今回だけが酷かったわけではなさそうです。

手抜きはばれるよね

記憶に間違いが無ければ、あるラーメン屋の主人が「客に変わらない味だといってもらうためには、少しずつ変えていかないといけない」というようなことを言っていました。この番組を見て、その言葉の意味がよくわかった気がします。企業の商品にしても、その通りなのでしょう。

この番組自体は、もう、志村けんという名前だけでもっている番組なのでしょうね。それが無くなれば、何もない気がします。大昔の台本でメンバーだけいじって同じものをやる。ただの手抜きにしか思えません。継続的なイノベーションは、コンテンツ産業でも大事なのですね。

また、昔才能が有った人が老いて醜態をさらしているのを見るのは、ちょっと寂しくも感じました。

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ