このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

民主党は振り向けば共産党という状況だね| 経済が分かる人が幹部にいないと厳しいんじゃないかなあ

前回の衆院選で大敗した民主党ですが、選挙以降も退潮傾向は続いています。例えば、新報道2001という番組の調査によると、次の参院選でどの党の候補に投票しますかという問いで、民主党を選んだ人は3.2%しかいなかったのだとか。

自民党を選んだ人が47.6%いましたから、1割以下と言うことですね。日本維新の会が4.8%ありますから、そこと比べても大幅に少ないのです。実際に投票結果がこの調査の通りだったら、少数政党になるのは必至です。

自民党に逆風が吹いている時ですら、自民党に投票するという人はここまで少なくありませんでした。この政党はこのまま存続できるのでしょうか。

共産党に負ける民主党なんてことも考えられるかも

ところで同調査では、共産党に投票すると答えている人が2.0%います。このまま行くと状況しだいでは、議席数で民主党が共産党に負ける日が来るかもしれませんね。まあ、そうなったら、民主党の皆さんはどこかとくっつくのだと思いますけどね。変わり身が早い人たちですから。

ちなみに、共産党に民主党が負けるという結果は、地方選では既に出始めているようです。2月3日の横浜市議の補選で、民主党の候補は共産党の候補に及ばず3位だったのだとか。

新報道2001というのは、もともと民主党に好意的だという印象を持っていました。政権を担っていた時期は、新聞などによる世論調査よりもかなり高めの数字が出ていたのです。

その番組による調査でもこの数字ですから、現在の民主党の悲惨な状況がよくわかります。参院選での惨敗も、現実味を帯びてきた気がします。

経済政策を語れる人が幹部にいないのは厳しいよね

まあ、政権をとっている時期に何も決められなかったことを思えば、自業自得なんですけどね。選挙に敗れた後も、安愚楽牧場の件ですねに傷のある海江田氏を代表に選ばざるを得ない状況でしたし。

裁判の件が最終的にどうなるかは分かりませんが、安愚楽牧場のビジネスモデルを賞賛する記事を書く人が経済通ぶるのはいかがなものかと思ってしまいます。率直に言って、経済のセンスと見識がある人とは思えません。

そして、その人が、一歩間違えれば国のリーダになっていたと思うと、ゾッとしますね。政権政党だった時期には、党首選挙にも出馬していましたし。

個人的には、経済政策を語れる人がいないと、民主党の復活は無いのではないかと思っています。増税すると景気がよくなるとか言っていて人たちですからね。国を任せようとはちょっと思えません。

そういえば、財務大臣になってからサミュエルソンの経済学を読みし始めた人もいましたっけ。まあ、期待薄ですね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ