このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

円安が進むと100円均一のショップはやっていけるのだろうか

前のページで書いたように、輸入商品の価格は上がってきたようです。しかし、円安になったからと言って、おいそれと価格転嫁しにくい業界もあります。

例えば外食産業などの場合、値上げは極力下げる方向にあるようですね。もちろん、やっていけないレベルまできたら価格を上げざるを得ないのでしょうけど。

ところで、円安に成ったからと言って、価格転嫁しにくい業界の代表が100円均一のショップでしょう。最初に価格ありきの業態ですから、原価が上がろうが値上げは難しいはずです。

実際問題として、100円均一ショップのどの程度の割合の商品が輸入商品なのでしょうか?最近は意識的に国産商品を増やしている所もあるようですが、かなりの割合が輸入商品であることは間違いないでしょう。

また、製造は日本でも、原材料は輸入していると言う所も多いでしょう。そうなると、どちらにしてもコストアップは避けられません。

100円ショップってハイリスクだよね

こうして考えると、100円ショップってハイリスクな業態ですよね。売値が決まっているから、原価が上がってしまうと対応が出来ないのです。

このまま行くと、体力がないところは危ないかもしれませんね。そもそも、それほど利益率が大きい業界ではないでしょう。かなりの商品の仕入れ価格が2割上がったら、続けられると考えるほうがどうかしています。

さらに言うと、円安は今がピークとは限りません。さらに進む可能性だって、十分にあります。1ドル120円程度に成ったら、100円均一なってやっていけるのでしょうか。

価格を動かすのは難しいでしょうから、商品の質を相当下げないといけなくなりそうですね。あるいは、思い切って、1ドルショップにしてしまうかです。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ