このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

教育資金の贈与は1,500万円まで非課税に| 教育資金贈与信託という関連商品も開発されています

2013年の税制改正で、祖父母から孫への贈与が1,500万円まで非課税に成るようです。孫1人につき1,500万円が非課税枠ということですね。

ただし、この非課税枠で贈与を受けるには一定の条件がつくようです。具体的には、教育資金に使途を限定しないと、非課税にならないようです。

銀行などを通した贈与が必須

ちなみに、この優遇措置を使うには銀行などを通さないといけないようです。

どうやら銀行を通すことで、教育資金としての贈与であることを明確にする目的があるようですね。つまり、現金での受け渡しはできないように決めれられています。現金だと教育資金として使われたかどうかの証明がしにくいですからね。

ちなみに、この優遇措置は、2015年末までの時限的なものです。

お孫さんに「非課税の教育費」信託銀が新商品(読売新聞)

早速新商品が

この税制改正を受け、信託銀行では教育資金贈与信託という新商品を早速作ったようです。どんなサービスか簡単に言うと、専用口座を作って贈与をしやすくするというのがコンセプトのようです。

信託であることがどういう点で有利なのか、今の所よくわかりません。まあ、興味がある人はチェックしてみても良いでしょう。

せっかくある非課税枠ですから、使わない手はありません。孫に教育資金を上げる予定がある人に限った話ですけどね。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ