このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ソニーの状態の悪さは世間では認識されていないのだろうか?│ はっきり言って、悲惨だよ

「あなたはどの企業に勤めている人と結婚したいですか?」20歳から39歳の男女を対象に、そんな調査が行われたそうです。まあ、無粋な調査だとは思いますけどね。人は企業と結婚するわけではありませんから。

何にしてもこんな調査が行われたそうです。その結果、大手電機メーカーが軒並み順位を下げたのだとか。

まあ、家電関連の業種の厳しさは、誰もが知るところでしょう。電機メーカー各社の順位が下がるのは、無理からぬところでしょう。

どの企業の人と結婚したいですか? 大手電機メーカーは大幅にダウン(Business Media 誠)

ソニーはそんなに下がっていない

個人的に興味を持ったのが、ソニーの順位です。電機各社が軒並み順位を下げる中、ソニーだけは比較的健闘しているのです。具体的に言うと、前回の2位から順位を下げたものの、11位でとどまっています。

正直なところ、この結果は驚きでした。というのも、電機メーカーの中でも、ソニーは悪いほうだと言うイメージがあったからです。実際、一部の格付け会社によると、ソニーの格付けはBB-まで下がっています。

BB-と言われても、格付けについて知らない人には、状況は良くわからないかもしれません。簡単に言うと、BB以下の債権は、投機的とみなされるのです。投機的というのは、要するに、貸したお金を返せない可能性がある企業とみなされたわけです。もっと言うと、長期的に見ると、倒産の可能性も否定できないと言うことですね。

ソニーのBB-ははBBより一つ下の格付けです。つまり、現在のソニーはそのくらい信用が無い会社になっているのです。

その会社が全体の11位に入るって、ちょっと変な感じがしますよね。正直に言って。

もちろん、ソニーが会社として駄目だなんていう気はありません。でも、日本の全企業を対象とした調査で、11位はおかしいと思うのです。

そもそも、昨年の2位というのも、ちょっと高すぎる気はします。少なくとも昨年の段階で、家電業界の厳しさは言われ始めていましたから。

それに、ソニーってずっと業績はよくないんですよね。最近は連結赤字を続けている企業です。地デジ化でテレビが売れた時期ですら、連結で黒字に出来なかったのです。

2位に入るくらいいい会社かといわれるとはなはだ疑問です。少なくとも業績だけ見れば、ソニーよりもいい会社はたくさんあります。

過去の栄光だけで生きる会社

おそらく、昨年の段階では、多くの人がソニーの業績の悪さを知らなかったのでしょうね。最近になって、一般のテレビニュースなどでも報じるようになり、悪さが認識され始めたのでしょう。

私の中では、ソニーと言う会社は、過去の栄光が大きすぎて必要以上に美化されている気がします。こんな風に言うといいすぎでしょうかねえ。

でも、最近のソニーは革新的な商品なんて出していませんよね。私が知らないだけかもしれませんが。少なくとも、メジャーな商品では、そういうものは無いはずです。

今回のようなランキングで11位にいるのは、過去の栄光というメッキがはがれきってはいない証拠なのでしょう。こういう企業を美化し続けるのは、どうかと思うのですけど。

多分、必要以上に持ち上げるのは、ソニーのためにもよくない気がします。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ