このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投資の基礎がわかっていないFPは意外と多い│ 専門家ズラしたやつには気をつけて

プロが答えるタイプの質問サイトに、ファンドラップが2年足らずで4割も価値を下げた、という相談が載っていました。相談者は解約するかどうか悩んでいたようです。

これに対して、FPの肩書きを持つ人数人がいろいろと答えていました。ただ、FPは投資の専門家ではありません。その回答のレベルも様々でした。素人に毛が生えた程度の事しか書けない人もいるようです。

まあ、無料で相談に答えるサイトですし、余程常識はずれのものでなければ許容出来ます。でも、その中に、明らかに投資知識が欠けた人がいたのです。

その人の回答は、次のような感じでした。「マイナス40%になってしまってから解約するかどうかは、悩ましいですが、いずれにしても、ご自身での勉強は必要です。」

でも、この回答は根本的に間違っています。4割下がった事と解約の判断は、全く関係がないからです。4割下がったらもう下がらないから解約しなくて良いと言いたいのでしょうか。

買値を意識するのは御法度

資産運用でやってはいけないことの一つは、買値を意識する事です。そんなものを意識しても、運用上は一つも良い事はありません。

儲かっているときなら所得税がからんでくるので、多少は考慮するかもしれませんけどね。損をしているときには、買値なんて考えても仕方が無いものです。あなたがいくらで買ったかなんて、市場には全く関係ないことなのです。

大事なのは買値ではなくこれからどうなるかです。今後も同じリスクを取れるのなら、今の商品の有利不利だけが判断材料になります。他の商品に乗り換えるよりもホールドした方が有利なら持ち続ける。そうでなければ売却してより良い商品に乗り換える。それだけの話です。

今ほどリスクが取れないのなら、売却するなり何なりして、リスクを減らすようにアドバイスすれば良いでしょう。どちらにしても、買値が投資判断に入ってくる余地はありません。

素人なら仕方がないけどね

投資知識がない人が買値にこだわるのは、仕方が無いことでしょう。あるいは、自分でお金を出している人なら、買値はどうしても気になりますよね。

でも、投資相談に応じている人が、それに引きずられるのは絶対にいけません。

「マイナス40%になってしまってから解約するかどうかは、悩ましい」などと言う発言は、専門家としての見識を疑います。この人がお金を取って投資相談にのっていると思うと、ちょっと怖いですね。

本来FPだったら、40%下がった時点からのプランニングを語るべきでしょう。

FPのレベルってこんなものかも

実は、FPを名乗る人の投資知識の不足は、時々目にする事があります。今回のケースに限った話ではありません。一般向けの書籍の中ですら、初歩の初歩レベルの間違いがあったりするのです。

彼らは投資の専門家ではありません。資格取得までに学ぶ投資知識も、素人レベルに毛が生えた程度のものです。ですから、多少の間違いは仕方が無いのかもしれません。ですから、私たちも投資の専門家ではないと認識した上で接するべきでしょう。

まあ、投資の専門家でないにしても、人の相談に応じるのだから最低限の知識は身につけていて欲しいですけどね。

一応断っておきますが、中にはちゃんと勉強をして、しっかりとした知識を身につけた方もいます。ただ、そうではない人も、一定の割合で存在すると言う事です。そして、そういう人が専門家ズラをして語っている事もあるということですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ