このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

信頼のないショップは楽天を使えって事かな?そもそも家電で勝負を挑むのが無茶なのかもしれないけどね

ネットでショップを経営する人にとって気になるのが、「価格が安ければ売れるのか?」という点でしょう。家電などの商品では、基本的にどこでも同じものが買えます。それなら、安いところで買ったほうが良いはずですよね。ネットならどこで買っても、手間は似たようなものです。そうであれば、単純な価格勝負になりそうな気もします。

これに関して、サンケイビズが次のような記事を書いています。

なぜカカクコム最安店に注文が殺到しないの? アマゾンが強い理由

サンケイビズの記事によると、最安値にするとそれなりに効果はあるようです。しかし、それだけが決め手になるわけではないようですね。amazon.co.jp などの有名サイトには価格だけでは対抗できないようです。サイト自体の信頼性だとか、決済手段だとか、サイト規模などが影響するという事でした。

まあ、この記事に書いてあることは、想像通りといった感じですよね。自分がネットで買い物をするときにも、大体同じような考え方をします。価格にびっくりするほどの差が無い限り、amazon.co.jp などの大手を選びます。

一般のショップでは楽天を使うべきか?

価格面だけでは大手ショップに勝てないのなら、違う方法を採らないといけません。とは言え、新規のショップが信頼を得るのは簡単ではありませんよね。サイト規模も、どうやったって対抗のしようがありませんし。

比較的簡単に対応できる方法としては、楽天でショップを開く事でしょうか。楽天を使えば信頼性という意味ではある程度解決できそうです。カード決済も提供されていますから、決済の点でも問題はなくなりそうです。

ただ楽天に出店する場合、それなりのコストが発生します。そうなると、価格面でメリットを出すのは難しくなりそうです。これまで価格競争をしてきたショップからすると、大きな問題点と言えるかもしれません。単純に良いことばかりでもなさそうですよね。

ちなみに楽天の他に、amazon.co.jp に出品する事で信頼性やら決済の問題を解決する事も可能です。この場合も、楽天と同様のコスト面の問題はありますけどね。

小規模のネットショップは存在していけるのだろうか?

個人的には、家電などのジャンルで小規模のネットショップが生きていくのは難しいことだと思っています。というのも、商品はどこで買っても同じ事ですから、他店と差別化を図るのが難しいのです。そうなると、体力勝負になってきますから、大手には対抗のしようがないでしょう。

街の電気屋さんなら、アフターケアなどのきめ細かいサービスでビジネス展開をする事も出来そうです。でも、ネットショップだとそうも行きませんしね。

ショップを作るときの商品選びの段階で、難しい商品に手を出してしまったという印象です。

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ