このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

マンチェスター・ユナイテッド株式公開へ│ やっぱり資金繰りが苦しかったんだ

以前、マンチェスター・ユナイテッドが株式の再上場を目指しているという記事を取り上げました。
どうやら、この件が本決まりになりそうです。

前の報道にあったとおり、米国市場に上場することになりそうですね。1
アジアの市場はあきらめたようですね。

ところで、この上場の目的はいったい何なのでしょうか?

マンチェスター・ユナイテッドは、もともと上場されていました。
それを現在のオーナーが買収したという過去があります。

一度上場廃止にしたものを再上場するわけです。
何かそれなりの理由があるはずです。

サンケイビズによると、この上場の目的は、資金調達のようです。

昨年1億ドル以上の赤字を出し、経営は楽ではなさそうです。
それを補填する目的での上場ということのようです。

別の記事だと、このシーズンオフに海外への遠征も行われるようです。
これも営業目的の遠征なのでしょう。

こういう事をしないといけないくらい、経営的に厳しいということなのでしょうか?
財務諸表を見たわけではないので、何とも言えませんけど。

ところで余談ですが、記事によると上場しても単年の赤字分の補填程度にしかならないようです。
1億4,400万ドルの昨年の赤字に対し、上場により調達できる額が1億ドルしかありません。

何でこんな事になるのでしょうか?
ちょっと不思議。

  1. マンUが株式公開へ 巨額の借金を返済へ []

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ