このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

マンチェスターユナイテッドが上場ですか…

香川が移籍する事で話題になっている、マンチェスターユナイテッドが、米国市場での上場を目指しているのだそうです。
そもそも、アジアでの上場を目指していたのが、米国に変更したのだとか。1

このニュースには、ちょっと驚きました。
スポーツチームの上場というのが、ちょっと意外だったのです。

ただ、マンチェスターユナイテッドぐらいのチームになると、選手への年俸だけでも100億円前後にはなるのでしょう。
それだけの規模のビジネスをしていれば、上場は考えられない選択肢ではないのかもしません。

ちょっと調べてみたところ、世界的に見ると、スポーツチームの上場というのは必ずしも珍しい話ではないようです。
また、マンチェスターユナイテッド自信も、かつては上場していた時期もあるようですね。

資金調達なのか売却益なのか

ところで、マンチェスターユナイテッドが上場する理由は何なのでしょうか?
一般的に考えると、資金調達を容易にするというのが大きな要因でしょうか。

スポーツビジネスは、何かとお金がかかるようです。
資金調達をしやすくしておくというのは、まあ、理にかなっていますよね。

あるいは、現在マンチェスターユナイテッドを所有する企業が、売却益を狙っているのかもしれません。
ここ10年くらいで、アジア地域などでもサッカーの人気は上がっているようです。

チームを取得した当時よりも、高い値段で売れると考えているのかも。

もう一つ考えられるのは、チームの知名度アップのためというのがあります。
まあ、マンチェスターユナイテッドの場合は、これはあまり関係ないでしょうけどね。

日本のチームもやればいいのにね

ところで、日本のプロスポーツで株式上場という話は、ほとんど聞いたことがありません。
以前、村上ファンドが阪神の上場を持ち出したくらいでしょうか。

個人的には、こういうことに積極的なチームがあってもいいのだとは思います。
親会社の庇護の下で、赤字垂れ流しでもOKという状況でもなくなってきているようですしね。

でも、Jリーグは規約的に無理なのかなあ。
プロ野球は採算が合っていないところが多いでしょうから、そもそも可能性もほとんどないか。

そう考えると、日本では難しいのかもしれませんね。

  1. 英サッカーのマンU、IPO市場をアジアから米国に切り替えへ=関係筋 []

スポンサードリンク

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格まで取る必要は無いと思いますけど。

率直に言って、これだけで十分なお金の知識が身につくとは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む

コメントをどうぞ